Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

葉加瀬太郎が有名なのは嫁・高田万由子が優秀すぎるから!?離婚不倫で褒め続ける毎日!?

Pocket

今回は情熱大陸のテーマ曲で一気に有名になり、芸術家の雰囲気がスゴすぎる葉加瀬太郎さんについてお伝えします。

葉加瀬太郎さんの嫁は、元祖・東大女王と言われる高田万由子さんです。

そこで高田万由子さんの優秀さと、スゴすぎる葉加瀬太郎売出し計画と馴れ初め、結婚。

葉加瀬太郎さんが高田万由子さんを必要以上に褒める理由と不倫の関係と家族生活など。

以下で詳しく見ていきたいと思います!




葉加瀬太郎のプロフィール


引用:https://taro-hakase.com/pages/biography

本名:髙田太郎(たかた たろう)
芸名:葉加瀬太郎(はかせ たろう)

出身地:大阪府吹田市
生年月日:1968年1月23日(54歳)
最終学歴:京都市立堀川高等学校音楽科・東京藝術大学音楽部器楽学科ヴァイオリン専攻中退
担当楽器:ヴァイオリン

活動開始:1990年
配偶者:高田万由子・娘:高田向日葵・息子:高田万太郎
事務所;ハッツマネージメント

引用:https://ja.wikipedia.org/

葉加瀬太郎さんは4歳からヴァイオリンを習い始めています。

その理由は当時団地に住んでおり、団地では「習い事ブーム」というムーブメントが起きていたからというもの。

その習いごとの中で感覚的にヴァイオリンを選んだそうです。

10歳になると技術向上のために本格的に教室に通い始めます。

そして腕前をどんどん磨き、中学2年生でのときに「西日本コンクール」で2位入賞。

音楽家への片鱗を見せ始めます。

その後もヴァイオリンを続け、1987年東京藝術大学に入学。

そのときに「クラーズラー&カンパニー」というバンドを結成します。

「クラーズラー&カンパニー」はジャンルにこだわらない演奏で人気ものになりますが1996年に解散。

その1年後に「アート・リンゼイ」のプロデュースによりソロデビュー。

若干ジャズっぽい楽曲「watashi」を発表します。

それと同時に1996年から3年間、セリーヌ・ディオンのワールドツアーに参加。

徐々にヴァイオリニスト・葉加瀬太郎の名が知られていきます。

その葉加瀬太郎さんの名を知った、当時東大生タレントとして活躍していた高田万由子さんが猛烈アプローチ。

1999年に結婚し、葉加瀬太郎さんは高田姓を名乗り婿養子になったのです。

葉加瀬太郎さんが1998年に作曲した「情熱大陸」のオープニングテーマ。

多くの人が知っているほど有名な曲です。

このテーマ曲は番組プロデューサーから依頼を受けた作成された曲。

ただこの曲の納期は1週間だったのです。

悩んだ葉加瀬太郎さんは今までの自分の2つのオリジナリティ曲をマッチングさせました。

すると見事に30秒間の情熱大陸という曲が出来上がり楽曲を提供。

今では情熱大陸といえばこの曲として超有名です。

それ他にもいろいろなアーティストと共演し、テレビ番組のタイアップ曲も多く手がけています。

大の釣り好き、サッカー好きとしても知られている葉加瀬太郎さん。

嫁はこちらも元祖と言われる東大生タレントとして人気を博した高田万由子さん。

今では葉加瀬太郎さんのプロデューサー&参謀(さんぼう)として活躍しています。

※参謀:作戦などを考える人・野球でいうとヘッドコーチみたいな感じ。




高田万由子のプロフィール


引用:hhttps://www.ken-on.co.jp/

本名:髙田万由子(たかた まゆこ)
出身地:東京都
生年月日:1971年1月5日(51歳)
最終学歴:東京大学 文学部西洋史学科
職業:女優・タレント
居住地:イギリス(ロンドン)
活動開始:1991年

配偶者:葉加瀬太郎
事務所:研音

引用:https://ja.wikipedia.org/

高田万由子さんは東京都港区三田といういい感じの地域で生まれました。

兄妹はいませんので一人っ子です。

なので両親は万由子さんにたくさんの愛情と教育を注ぎ込めたでしょう。

幼稚園・小学・中学・高校は超優秀!


引用:https://yumeijinhensachi.com/

髙田万由子さんの幼稚園は、東京都港区南麻布にある・愛育幼稚園に通います。

皇室との関係もあるのでいいところの幼稚園です。

その後の小学校・中学校・高校はカトリック系の白百合学園に進学。

白百合学園の偏差値は72という驚異の数値です。

ただ高校生になってスイスに留学したくなった万由子さん。

留学するには退学しなければいけない白百合学園の意味不明な制度がありました。

そのため万由子さんは白百合学園を一度退学し留学します。

留学から帰国後、白百合学園の編入試験を受けて合格し、高校2年生のときに復学するのです。




東大で葉加瀬太郎に出会う


引用:https://yumeijinhensachi.com/

高校を卒業すると1990年に東京大学文科三類に入学。

学生時代から日本テレビのイベントコンパニオンとして活動を始めます。

東大生の頃からタレントして有名になり、篠山紀信の「紀信の女子大生シリーズ」の表紙モデル、ミノルタ(カメラで有名)の広告に起用されます

その後、フジテレビ系「たけし・逸見の平成教育委員会」にレギュラー出演。

その才色兼備ぶりが世に知れ渡ったのです。

当時、人気番組だった笑っていいとものテレフォンショッキングで葉加瀬太郎さんを紹介。

当時恋人関係だった無名の葉加瀬太郎さんを友達として紹介し、葉加瀬太郎さんの知名度を上げてたことは今では有名です。

学生時代はタレントや葉加瀬太郎さんのプロデュースとしても活躍した万由子さんは、東京大学文学部西洋史学科を無事卒業。

その後、1999年に葉加瀬太郎さんと結婚します。

同じ年の7月に第1子(長女・向日葵さん)2006年8月第2子(長男・万太郎くん)を出産し4人家族に。

趣味は、海外旅行・スキー・料理・ウォータースポーツと活動的な女性です。

勉強もできてスポーツもできる。

最近は「脳を鍛えるには運動しかない」という本がバカ売れしてます。

高田万由子さんの両親はそのことを知っていたかもしれません。

そのため万由子さんは勉強だけではなくスポーツも並行してやらせていたのでしょうか。

脳を鍛えるには運動しかない! 最新科学でわかった脳細胞の増やし方 [ ジョン・J.レイティー ]

価格:2,310円
(2022/2/9 11:21時点)
感想(34件)

 葉加瀬太郎の嫁・高田万由子との馴れ初めと結婚


引用:https://ticket.line.me/

葉加瀬太郎さんは、1992年に東大出身のタレント高田万由子さんと交際を開始。

7年間の交際を経て、1999年に3月に髙田万由子さんと結婚しています。

才能に惚れた高田万由子


引用:https://tanosiiseikatu.com/

葉加瀬太郎さんと高田万由子さんの出会いは、お互いが学生時代の時です。

葉加瀬太郎さんはミュージシャンとして、まだ芽が出ていない東京藝術大学時代に、音楽グループ「クライズラー&カンパニー」を結成していました。

そのクライズラー&カンパニーの演奏会を東大生の高田万由子さんが聴いてすぐにファンに。

クライズラー&カンパニーに所属する葉加瀬太郎さんが東京藝術大学に通学していることを突き止めたそうです。

そして、高田万由子さんの友人で東京藝術大学の学生に、葉加瀬太郎さんを紹介してもらったそうです。

高田万由子さんが、このように積極的に葉加瀬太郎さんにアタックしていったのは、葉加瀬太郎さんの音楽性に第六感が働いたのでしょうね。

紹介で出会った葉加瀬太郎さんと高田万由子さんは、すぐに相思相愛だったそうです。

高田万由子さんは美人ですから、葉加瀬太郎さんもすぐに一目惚れをしたでしょうね。

プロポーズに気づかなかった高田万由子

7年間の交際をし、葉加瀬太郎さんは結婚を意識し、高田万由子さんにプロポーズをします。

しかし、高田万由子さんはその葉加瀬太郎さんのプロポーズに気が付かなかったようです。

葉加瀬太郎さんは今でもロマンチックなことを言って不倫をしてしまう性格の人。

交際中も、ずっとロマンチックなことを言い、どれがプロポーズか高田万由子さんはわからなかったのかもしれませんね。

プロポーズに気づかない高田万由子さんに対して葉加瀬太郎さんは、実家のお父さんに直接挨拶に行きました。

そこで初めて高田万由子さんにはプロポーズされたことに気付いたようです。

高田万由子さんのお父さんに挨拶に行ったものの、お父さんは全然話を聞いてくれなかったそうです。

それは葉加瀬太郎さんが全然売れておらず、収入も安定しない、駆け出しの音楽家だったからです。

不安定な収入の芸術家との結婚を「はいはい、よろしいですよ」と認めてくれる実家のお父さんは少ないですよね。

しかも、高田万由子さんの実家のお父さんは、明治三大貿易商の高田慎蔵の末裔。

その名門の可愛い娘の高田万由子さんを、芸術家の家へ嫁に出すことなんて、到底考えていなかったのでしょう。

そんな状況の中、髙田万由子さんは結婚のために積極的に動きます。




優れたマネジメント力で結婚


引用:https://ebsweb.jp/

葉加瀬太郎さんとの結婚を認めてくれないお父さんに対して、高田万由子さんは積極的に動きます。

さほど売れていない葉加瀬太郎さんの事務所に高田万由子さんは乗り込んで、葉加瀬太郎さんのギャラの交渉をし始めます。

さらに、この頃すでに芸能人として活躍していた高田万由子さん。

自身が「笑っていいとも」の「テレファンショッキング」に出演した際、次に出演してもらうゲストを、恋人である葉加瀬太郎さんを友だちとして紹介したのです。

高田万由子さん、まだ世間的に認知されていなかった葉加瀬太郎さんを「笑っていいとも」という人気番組に出演させることで、認知度を高めさせたのです。

また、高田万由子さんが出演するドラマ発表の時に、マスコミに向けて葉加瀬太郎さんとの交際も発表します。

高田万由子さんの事務所はドラマ発表の場で、葉加瀬太郎さんの交際も発表してしまって、事務所関係者は大慌てをしたそうです。

葉加瀬太郎さんの芸術性に惚れた高田万由子さんは、その後、葉加瀬太郎さんのマネージメントしました。

自身がすでにテレビなどのマスメディアに出演していたという特権をどんどん利用します。

その結果、葉加瀬太郎さんを世間に知らしめることとなったのです。

この高田万由子さんの行動力はさすが東大卒業の才女。

葉加瀬太郎さんを売り込むための戦略はすごいですね。

その後、高田万由子さんの大作戦が功を奏することになります。

葉加瀬太郎さんと高田万由子さんは、お父さんの結婚の許可をもらい、1999年3月に晴れて結婚することになりました。


引用:https://tanosiiseikatu.com/

高田万由子の結婚に父親が厳しい


引用:https://oitachi-ima.com/

高田万由子さんのお父様は高田祐一さん

「高田商会」という会社を経営を経営されていました。

父・祐一さんの代には、自動車輸入業で成功されて、巨万の富を得られたそうです。

そんな実業家として巨万の富を得た父・祐一さんは、娘・高田万由子さんを何不自由なくお嬢様として育てました。

その父の期待に応えて万由子さんも勉強やスポーツ&趣味に勤しみました。

そして東大に合格し才色兼備を手に入れたのです。

父・祐一さんとしても、万由子さんは自慢の娘だったでしょう。

葉加瀬太郎のギャラアップ作戦!?


引用:https://plaza.rakuten.co.jp/

葉加瀬太郎さんは高田万由子さんと結婚するときは収入も不安定なバイオリニストでした。

そのため父・祐一さんに結婚の挨拶に行っても許すはずがないことは容易に想像がつきます。

ただ、高田万由子さんは東大出身なので頭がいい。

どうにか父親に結婚を許してもらうために作戦を練ります。

その作戦とは「葉加瀬太郎ギャラアップ作戦」です。

葉加瀬太郎さんは芸術家なのでお金に頓着(関心)がありません。

その葉加瀬太郎さんのために万由子さんは頑張るのです。

  1. お金の管理
  2. ギャラの交渉
  3. 知名度アップの戦略 など

東大出身なのでお金の管理は簡単でしょう。

ただギャラの交渉に関しては、頭が良くても営業力が必要になってきます。

しかし万由子さんの父は会社経営者。

父の背中を見て育った万由子さんにとってギャラ交渉もそれほど難しくはなかったのでしょう。

さらには知名度アップのために、笑っていいともの「テレフォンショッキング」で葉加瀬太郎さんを友人として紹介。

当時の笑っていいともは、全国的に人気番組でした。

タモリさんとお話をする葉加瀬太郎さん。

初めて見る葉加瀬太郎さんに視聴者は「誰だ?」と思ったようです。

ただヴァイオリストであのイデタチ。

人気のあった東大タレント・高田万由子さんからの紹介ということもあり世間的に認知されたのです。

この高田万由子さんの作戦が功を奏し、葉加瀬太郎さんの収入と知名度は激上がり。

あらためて父・祐一さんに結婚のご挨拶に行き、無事結婚することができたのです。

万由子さんのこの戦略的結婚は、経営者の父・祐一さんも感心したのではないでしょうか。




葉加瀬太郎が結婚後に嫁・高田万由子を褒める理由


引用:https://b2b-ch.infomart.co.jp/

葉加瀬太郎さんは高田万由子さんと結婚できたことは自慢のようです。

「妻・高田万由子と出会えたことは人生最大の自慢です」

引用:https://www.excite.co.jp/

「ちょっとこっぱずかしいけど、やっぱりあの万由子に出会えたことだと思いますね。」

「家内と一緒になれて…それはもう間違いないです」

引用:https://www.sponichi.co.jp/

確かに、葉加瀬太郎さんは芸術家。

芸術家にはパトロンが必要です。

※パトロン:支援者

芸術家がお金の管理やギャラ交渉をし始めたら芸術に集中できない。

その芸術家を補助する人が、愛する嫁・高田万由子さんだったことは幸運だったようです。

葉加瀬太郎さんはヴァイオリン以外なにもできない芸術家。

そのため万由子さんと知り合い、信頼できると判断した1年後には預金通帳を万由子さんに渡したそうです。

「僕は何も出来ないんです」

「そういう税金がどうとか、銀行の手続きとか…ダメなんです」

引用:https://www.sponichi.co.jp/

この葉加瀬太郎さんの言葉を聞くと寂しい感じになります。

ただオールマイティになんでもこなせる人は一番にはなれない。

器用貧乏という言葉があります。

葉加瀬太郎さんは不器用なため、ヴァイオリン一筋と嫁・高田万由子によって富を得たようです。

※器用貧乏:器用な人はいろいろ手を出せるので中途半端に終わってしまうこと

そういった意味で葉加瀬太郎さんは、嫁・高田万由子さんに感謝の気持ちしかなく褒めるのでしょう。

高田万由子さんに出会え、結婚できて本当に良かった。

80年代のアイドル・小泉今日子さんにこんな曲があります。

「あなたに会えてよかったね、きっと私♫」

この歌詞はあくまでも女性目線です。

でも高田万由子さんに出会えてよかった、と心から思うの男性である葉加瀬太郎さんでした。

高田万由子を褒めるのは懺悔!?


引用:https://www.oricon.co.jp

葉加瀬太郎さんは1999年に結婚したと同時に髙田姓を名乗りました

髙田姓を名乗るということは、高田家に婿養子になったのです。

売れる前から高田万由子さんにプロデュースされ、結婚後は髙田姓。

そのため肩身が狭くなりそうな状態です。

奥さんの機嫌、ひいては義理の父母のご機嫌を損ねたら大変なことになります。

さらに後ほど紹介しますが、葉加瀬太郎さんは不倫をしました。

そういった状況のため、必要以上に嫁・高田万由子さんの機嫌をとり褒めてるようです。

ネットでの本質論


引用:https://www.instagram.com/p

「妻・高田万由子と出会えたことは人生最大の自慢です」

引用:https://www.excite.co.jp/

このことを強調する葉加瀬太郎さん。

ただネットの人たちはこの褒めちぎりについて本質をツキます。

『不貞を許してくれたから自慢の嫁、、、なんだろ』

『でも浮気したよね?それでこの発言?』

『妻を裏切ったから、次は褒め称えないとね』

「罪滅ぼしではないか」

引用:https://www.excite.co.jp/

高田万由子さんが影で支え、有名にしてくれた恩人でもあり大切な嫁。

それなのに葉加瀬太郎さんは不倫しました。

なのでネットの人たちは、このような本質を言うのです。

以下ではどんな不倫をしたかをみます。




葉加瀬太郎が不倫し嫁・高田万由子と離婚!?


引用:https://www.hakase-ac.jp/

葉加瀬太郎さんは愛する嫁・高田万由子さんがいるのに不倫をしました。

その不倫の報道は女性週刊誌・女性セブンで報じられたのです。

不倫相手はミュージシャン

その不倫相手は大滝裕子さんと言われています。

大滝裕子さんはミュージシャンで、ASKAさんやスガシカオさんなどのバックコーラスを務める女性です。


引用:http://cresce-music.net/

葉加瀬太郎と大滝裕子さんとは古くから知り合い。

2人は密着して行動していたところを週刊誌に撮られたのです。

密着して行動しているだけならば、ただの仕事上のお付き合いの可能性もあります。

しかし、葉加瀬太郎さんと大滝裕子さんは「路チュー」をしていたのです。


引用:https://tanosiiseikatu.com/

これは高田万由子さんに対する完全なる裏切り行為。

明らかに「不倫」といっても言い過ぎではないようです。

不倫をする理由はキザ男!?


引用:https://news.livedoor.com/

葉加瀬太郎さんは以前から不倫相手といわれる大滝さんにこんなことを言っていたのです。

葉加瀬「愛人になればいいんだよおれ、絶対、100%愛人に精力を注ぐ。」

葉加瀬「孫より愛人。娘と同じ年でもいいから愛人に全精力を、金も時間も全部使いたい」

大滝「そのためにはやっぱり一度ギリシャに行って」

葉加瀬「で、エーゲ海に行って1か月クルーズして」

大滝「私も行っていい?」

引用:https://www.excite.co.jp/

葉加瀬太郎さんは、妻と子供がいるのに「娘と同い年でも良い」というヤバい発言が週刊誌に載ったのです。

そもそも初恋の女性にモテたいためにバイオリンと始め葉加瀬太郎さん。

モテたいために始めるのもいいですが「娘と同い年てもいい」とかは多くの人が引くでしょう。

葉加瀬太郎さんは、以前ぴったんこカンカンによく出演します。

そのときに女性的な仕草が多く、いい感じの雰囲気を作るのが上手い男性。

そういったところにも女性を惹きつける上手さがあるようです。

ある意味、葉加瀬太郎さんにとってのヴァイオリンは、不倫相手と楽しむための道具なのかもしれません。

でもそういったところも芸術家・葉加瀬太郎の魅力のひとつでしょう。

そんな部分も嫁・高田万由子さんが惚れた理由かもしれません。

それを裏付けるようなことを芸能関係者はいいます。

「葉加瀬さんは、いわゆる“色男”。オシャレでトークも軽妙で、何より女性には圧倒的に優しい。」

「特定の女性を口説く”というより、隣にいる女性をとにかく楽しませてあげよう、いい気分にさせてあげようというラテンのノリみたいなのがあるんです」

「だから、とにかくモテますよ」

引用:https://www.news-postseven.com/

「ぴったんこカンカン」に出演したときも、ワインや料理の話を楽しそうにしている姿はまるで芸術家。

オシャレなものに敏感で、女性に対する扱い方が上手いです。

そういった意味では葉加瀬太郎さんは気取ってる。

でもその気取り具合が女性に人気に一因かもしれません。

でも結婚してるんですから、嫁や娘さんのことも考えて行動したほしいですね。




子はかすがいで離婚回避!?


引用:https://missuniversejapan.com/

葉加瀬太郎さんは大滝裕子さんと不倫した感じです。

でも離婚はしないようです。

その理由は子どもたちがいるからというもの。

娘は向日葵(ひまり)さんで、息子は万太郎くん。

感受性の強い時期の可愛い子供がいるので、子供たちに悪影響が出ないようにと離婚しないようです。

その他に、葉加瀬太郎さんにとって高田万由子さんは仕事のパートナー。

マネージメントをしてくれるので万由子さんに逃げられたら、仕事が減るでしょう。

「万由子、どうしたらいいんだよ」

そんな声が聞こえそうです。

そのため極力離婚は避けたいようです。

また大滝裕子さんも既婚者だったのでW不倫と言われています。

大滝さんも子供がいるようなので離婚はしないそうです。

子はかすがい。

子供がいるのでいろいろあっても家族が平和のようです。

涙ながらに謝る葉加瀬太郎


引用:https://nobiciro.com/

葉加瀬太郎さんは「ぴったんこカンカン」に出演したとき、安住紳一郎さんに不倫のことを語っていました。

「妻にはすぐに謝りました。」

引用;https://news.livedoor.com/

上記の画像はぴったんこカンカンに出演したときの葉加瀬太郎さんの表情です。

相当、高田万由子さんが怖いようです。

浮気はバレないと思って男性はします。

でもバレたら平謝りしてこのような惨めな表情になります。

高田万由子さんは葉加瀬太郎さんの性格を熟知しているようです。

なので、少しの浮気なら流せるのでしょう。

ただ葉加瀬さんと万由子さんの上下関係は作られていきます。

マネージメントもしてくれるし、収入や税金のこともしてくれる。

最終的には浮気までバレてしまっては、一生、葉加瀬太郎さんは万由子さんに尻に敷かれなにも言えない毎日になるのかもしれません。

ケンカは何も生まないよ


引用:https://twitter.com/

「でも僕はケンカが出来ない人なんですよ」

「向こうがバーッときてもすぐに逃げちゃうんで」

「相手の怒りが収まるまで待てば良いじゃないですか」

「ケンカって結局何も生まないと思っているので」

引用:https://www.sponichi.co.jp/

葉加瀬太郎さんは「喧嘩はなにも生まない」と言います。

でも不倫をして高田万由子さんにケンカをふっかけたのです。

矛盾。

でも芸術家は矛盾があるからこそいい作品が生まれたりします。

論理的に考えていい芸術は生まれません。

不合理、矛盾、変態など。

一般の人が嫌うことを率先してできる人こそが新しい作品を生み出すという話を聞きます。

そういった意味では葉加瀬太郎さんの主張は芸術肌といえます。

太郎は今日も日本でのびのび生活


引用:https://news.j-wave.co.j

葉加瀬太郎さんが日本ではのびのびと生活しています。

それは嫁の高田万由子さん・娘の向日葵さん・息子の万太郎くんはロンドンを拠点に生活しているからです。

葉加瀬太郎さんもロンドンが生活の場ですが、仕事は日本が多め。

日本で仕事があるときは家族がそばにいないので、のびのびしているようです。

その隙を狙って、いつも女性に甘い言葉をかけているのでしょう。

家族に会えない寂しさがあるので同情はします。

でも辛抱はしてほしいです。




葉加瀬太郎の嫁・高田万由子と家族4人のロンドン生活


引用:https://geitopi.com/

先程も述べましたが、現在・葉加瀬太郎さんの一家4人はロンドンの豪邸で暮らしています。

嫁・高田万由子、娘・向日葵、息子・万太郎

仕事のために葉加瀬太郎さんは日本に帰国します。

そんなときはのんびり独身みたいな生活。

娘の向日葵さんは父譲りのバイオリンの才能と母譲りの美貌で将来が楽しみな存在。

万太郎くんは、葉加瀬太郎さんに似て料理や運動が得意のようです。

一方で、経営者の一面ものぞかせています。

13歳からイギリスの料理「フィッシュ&チップス」のキッチンカー店を日本で展開する経営をしています。

その他いろいろ経営のことを考えることが好きなようです。

そういうところは高田万由子さんの父・祐一さんから脈々と引き継がれる遺伝子を感じます。

セレブな生活のようでパーティーも多く、ロンドンでいい感じんの生活を家族で楽しんでいるようです。

嫁・高田万由子さんは浮気されても、葉加瀬太郎さんの身の回りをサポートしています。

娘と息子のためにお家のことを頑張っているようです。

葉加瀬太郎さんが売れるようになってから高田万由子さんはテレビなど、表舞台に出ることはなくなりました。

葉加瀬太郎という世界的なアーティストを影で支える、いい嫁のようです。