Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

張本美和が中国人国籍を捨て日本人に帰化した理由は兄・智和か!?

Pocket

今回は15歳で、2024年パリオリンピックの代表要員として選ばれた張本美和さんについてお伝えします。

張本美和さんは中国人との噂がありますがどうなんでしょうか。

その両親のこと、兄・張本智和さんのこと。

最後に張本美和さんが帰化した理由と、お母さんが帰化していない理由など。

詳しく見ていきます!




張本美和のプロフィール


引用:https://www.sponichi.co.jp/

本名:張本美和(はりもと みわ)
生年月日:2008年6月16日(15歳)
出身地:宮城県仙台市
居住地:神奈川県川崎市川崎区
身長:166cm
血液型:O型
家族:父・張本宇、母・張凌、兄・張本智和

引用:https://ja.wikipedia.org/

張本美和さんは、2010年に2歳で卓球を始めました。

2014年春には父親と兄と共に中国から日本に帰化し、姓を「張本」に変更し、仙台ジュニアクラブでプレー。

2018年の中国ジュニアオープンでは10歳でU13を達成。さらに台北ゴールデンジュニアオープンではU18ベスト8に入るなど、日本の卓球界でも注目を集めました。

その後、Tリーグの木下アビエル神奈川に所属。

2021年には全国中学校卓球大会の女子シングルスで1年生ながら初優勝を果たしました。

2024年1月、全日本卓球選手権大会の女子シングルス(シニア)で決勝進出を果たしたが早田ひなに敗れる。

2024年2月5日張本美和さんは、早田ひな、平野美宇と共に夏季オリンピック競技大会(パリオリンピック)女子日本代表候補予定選手として団体戦の選手として選ばれました。

ちづる
ちづる
2歳から卓球を始めたと言っても15歳でオリンピックに選出されてすごいですね

そんな張本美和さんの両親は中国人でした。




張本美和の両親は中国人


引用:https://mainichi.jp/

張本美和さんの両親は中国人でした。またお母さんの凌さんは今でも中国人です。

一方お父さんの宇さんは、日本国籍を取得し日本人として生活をしています。


引用:https://news.yahoo.co.jp/

張本美和さんの両親は、中国で卓球選手として活躍していました。宇さんは、中国の四川省代表として世界を舞台に活躍し、28歳で現役を引退。

その後、福原愛さんも所属していた仙台のジュニアクラブでコーチとして活動するために日本に移住しました。

世界を股にかけた経験を持つ宇さんは、世界で活躍する選手を育てる情熱と経済的な安定を求め、日本での生活を選びました。

一方、お母さんの凌さんも小学1年生から卓球を始め、中国代表として世界選手権に出場するなど、輝かしい経歴を持っています。

24歳で現役を引退した後はマレーシアのナショナルコーチを務めていましたが、宇さんが仙台での生活を希望するようになり、一家で仙台に移住しました。

宇さんと凌さんの出会いは、四川省代表としての活動中に始まり、約10年間の遠距離恋愛を経て結ばれました。

そして2003年6月27日、長男である張本智和さんが誕生し、2008年6月16日に張本美和さんが生まれたのです。

ちづる
ちづる

子供たちの活躍のために日本国籍を取得したお父さんの決断は大変ですね




張本美和の国籍は中国人ではなく日本人


引用:https://nikkan-chikisoku.com/

張本美和さんは、宮崎県仙台市で中国人の両親のもとに生まれました。

もともと中国と日本の二重国籍を持っていたのです。

美和さんは、2013年8月、5歳の頃に帰化を申請し、2014年3月に日本国籍を取得しました。

日本国籍を取得する際に、姓を「張」から「張本」に変更し、日本人となったのです。

ただ、一部では中国人やハーフとの噂もあります。

しかし、帰化してますので日本人です。

そして、張本美和さんの父親と兄である張本智和さんは帰化しています。

ちづる
ちづる
大好きなお兄さんが帰化したことが美和さんを日本国籍取得させた大きな一つの要因でもあるんでしょうね。




張本美和が中国国籍を捨て日本に帰化した理由


引用:https://www.firstplacetokyo.jp/

張本美和さんが帰化した理由は3つあります。

  1. 張本智和さんが全日本選手権に出場するため。
  2. 張本智和さんがJOCエリートアカデミーに参加するため。
  3. お父さんとお兄さんが帰化したため妹の張本美和さんも帰化した。

張本美和さんは、お父さんとお兄さんと一緒に暮らしており、智和さんが東京オリンピックに出たいと言ったことが、帰化のきっかけとなりました。

上記の2つの理由から、張本智和さんは日本国籍が必要とされ、帰化申請したそうです。

ただお母さんの凌さんは、智和さんを卓球選手にするつもりはなかったそうです。しかし、智和さんは色々な大会で優勝し、実力を発揮したそうです。

智和さんが小学校4年生の頃、全日本選手権に一般部として出場するためには日本国籍が必要でした。また、オリンピックに出場を目指す選手を育成するためのJOCエリートアカデミーへの参加も日本国籍が必須であったのです。そのため帰化することになりました。

2020年東京オリンピックの開催が2013年決定し、当時10歳だった張本智和さんの東京オリンピック出場への夢を叶えるため、帰化することを決意したそうです。

一家はいつかは中国に戻るつもりだったため、帰化するつもりはありませんでした。しかし、卓球が好きな智和さん純粋な思いを尊重し、帰化することとなりました。

そして、実際にはお父さんとお兄さんと共に、張本美和さんも5歳の頃に帰化し、日本国籍を取得したのです。

ちづる
ちづる
美和さんは卓球選手としてお兄さんよりもすごいと言われているので、卓球で生きていく覚悟は感じられます




張本美和さんの母親が帰化していない理由

張本美和さんのお母さんは日本国籍を取得していないので聞かしていません。その理由は公にされていません。

しかし本人は次のように述べています。

「中国に家族がいるため、いつかは故郷の中国に戻るつもりでした」

「元々、帰化する予定はありませんでした」

ちづる
ちづる
発言を聞くかぎり、日本での生活はできても、やはり故郷である中国を捨てることができなかったのかもしれませんね。

凌さんは中国人として卓球選手として活躍し、小学校1年から卓球を始め、中国代表として世界選手権にも出場しました。

24歳で現役を引退し、その後はマレーシアのナショナルコーチを務めたのです。

ただ、夫の宇さんが仙台での生活が落ち着いたため、仙台に移住することになりました。

宇さんとは、四川省の代表として活躍していた時に出会い、約10年間の遠距離恋愛を経て結婚。

2003年6月27日に長男の張本智和さんを出産し、その後2008年6月16日には張本美和さんが誕生させたのです。

ちづる
ちづる
母親の故郷への愛情と、家族の絆が感動的です。