Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

タレント, ミュージシャン, 歌手, 男優, 芸能人

 

今回は、少し暴力的行為があって怖いイメージがあります、心は至って純粋に見える泉谷しげるさんについてお伝えします。

泉谷しげるさんは足が病気のように不自由に見えますが、理由はどのようなことなのでしょうか。

また、家族に関しては、全然伺えないので謎のままですし、常に同じ帽子と革ジャンですし、紅白歌合戦に出場してブチ切れたとか、紅白に出演したのは特別があるようです。

そういったいろいろなことを以下で詳しく見ていきたいと思います。

ぜひ、お楽しみください!

男優, 芸能人

 

今回は昭和の映画黄金時代の一人として、東宝ニューフェイスからデビューし、現在でも高年齢にもかかわらず、精力的に活動している宝田明さんについてお伝えします。

若い頃と現在や、母との壮絶な戦争体験、または宝田明さんは左翼などという声もあるようです。

また嫁や娘さん息子さんはどのようになっているのでしょうか。

そのようなことを下記で詳しく見ていきましょう!

歌手, 男優, 芸能人

 

今回は昭和の時代に日活のイケメン俳優として一斉を風靡し、80歳を超えても芸能界で活躍している小林旭さんについてお伝えします。

最近では痴呆症になったとか噂されていますし、やくざとの関係があるので怖いとの話もあります。

また、若い頃のイケメンぶりは半端なく、当時のアイドルとも交際し同棲もしたようです。

美空ひばりさんとの結婚と離婚、小林旭さんの子供たちなど、以下で詳しく見ていきましょう!

男優, 芸能人

今回は俳優に、タレントにと大活躍している筧利夫さんについてお伝えします。

最近はテレビのバラエティ番組で見ることが減りましたが、一体どうしたのでしょうか。

いろいろと探ってみましたのでご覧くださいませ。

男優, 芸能人

 

今回は、若い頃にはイケメン俳優として女性ファンを虜にしながらも、地道に芸能人として活動し、最近では趣味の競馬のMCをこなしている東幹久さんについてお伝えします。

男優, 芸能人

 

今回は、約30年前くらいのバブル経済のときに、チーマーから俳優になって活躍し、最近では競馬の司会を務めるなど、俳優だけではなくマルチな活躍をしている、東幹久さんにお伝えします。

ネットでは顔がおかしいと言うような噂が広がっていますが、一体どういうことなのでしょうか。

男優, 芸能人

 

今回は、昭和の学歴社会で、人間は学歴だけではないような雰囲気を醸し出した金八先生でしたが、最近では金八先生の考え方は古い理想論であることが発覚し、それに同調した金八先生役の武田鉄矢さんもある意味同罪であり、学歴を意識してもいいし、しなくてもいいのであって、一人の考え方に支配されること自体が問題だということに、平成の人たちは気づきました。

それと同様に元首相の小泉純一郎さんは「痛みをともなう構造改革」という政治理念を掲げておいて、今もその痛みに苦しんでいる人がいるにもかかわらず、政治家を引退し、自民党に所属していた頃には口が裂けても言えなかった原発問題について、「日本には原発なんていらないんだよ!」と無責任な理想論を言い、自由気ままな生活を送っています。

武田鉄矢さんも金八先生の脚本家と同調して、理想論を掲げ、生徒に暴力行為をし、その後抱きしめるという共依存的関係をドラマで放送し、あたかも素晴らしい人間関係だということを見せつけていました。

その後、金八先生のドラマが終わっても、コメンテーターとして活躍していますが、そこでも未だに理想論を言っている罪作りな武田鉄矢さん。

そんな武田鉄矢さんについてお伝えします。

性格がクソだとか、性格が悪すぎるとか噂が流れていますが、実際はどうなのでしょうか。

以下で詳しく見ていきましょう!

 

プロフィール

「武田鉄矢」の画像検索結果

生年月日:1949年4月11日

出身地:福岡県

身長:167 cm

血液型:O型

職業:俳優・歌手・タレント・作詞家

代表作:金八先生

活動期間:1972年〜

尊敬する人:坂本龍馬

武田鉄矢さんの性格の根源は、明治維新に関与したと言われている坂本龍馬ですが、武田鉄矢さんは基本的に、いろいろな人に影響されやすく、現在でも素晴らしい実績のある人に便乗し、前向きなコメントをしています。

 

性格がクソ?(金八先生)

「武田鉄矢」の画像検索結果

武田鉄矢さんの演じる金八先生に憧れて教師を目指した人も多いそう。

あんな性格の教師がいたら嬉しいですが、実は武田鉄矢さんは金八先生の性格とは正反対のクソすぎる性格らしいです。

クソ言われる理由:PART1

武田鉄矢さんはある空港にて、ファンの親子に一緒に写真を撮って欲しいと頼まれたそうです。

しかし武田鉄矢さんは「他人のあなたとなぜ一緒に写真に映らなければならないのですか?」と発したそうです。

また、上沼恵美子さんは「ファンと一緒に写真を撮るのはありがたいこと。何言うてるの武田!いい加減にせなあかんで!」と怒りの口調。

武田鉄矢さんは、もしかすると芸能人という意識がないのかもしれませんね。

その親子が武田鉄矢さんから「他人のあなたとなぜ一緒に写真に映らなければならないのですか?」と言われて、気分が悪くなるのは明白で、相手が気分が悪くなって芸能人として嫌われても、別に構わないと思っているのでしょうか。

この行動は、この親子にこのような断り方をしても、武田鉄矢さん自身は特に損をすることがないと判断しての言動なのでしょうか。

もし、武田鉄矢さん自身が興味のある好きな人物から「写真を撮らせてください!」と言われれば、心地よく写真を撮るでしょう。

そういった意味では、武田鉄矢さんは素直であり、ある意味計算高い人物とも言えます。

 

クソ言われる理由:PART2

武田鉄矢さんは出演した番組で「ドキュメンタリーでさ、“大家族でつまづいた人”とかいるじゃない?」と切り出し、”大家族でつまづいた人”に対し、「あの人たちはもう、最初からダメなんだろうな」と、毒舌発言をしたそうです。

この発言は明らかに個人的な偏見ですが、いろいろな人生経験を武田鉄矢さんが重ねてきて至った結論なのでしょう。

確信的な経験なので全然悪気もないでしょうし、理想論を吐く傾向がある人が、こういうことを平気で言ってしまう人が多い気がします。

しかし、武田鉄矢さんはこの言動をしてきても今まで生活できているのですから、武田鉄矢さんにとってこういった性格は、自分にとって間違っていないと思っているのでしょう。

勝てば官軍という意識があるのかもしれないですね。

 

クソ言われる理由:PART3

武田鉄矢さんは金八先生のロケ中、集まっているファンを指さして「あの人たちは街灯に集まる蛾です」と言ったそうです。

武田鉄矢さんはもしかして、こういうことを言うことで、喜んでくれていると思っているかもしれないですね。

サービス精神が旺盛で、緊張した雰囲気や静かな雰囲気を和ませるために、わざと悪く言うことで、笑いを誘っているのかもしれないです。

しかしそのお笑いは、他人を侮蔑(ぶべつ)することで笑いを誘う戦法で、無関係の人にとっては面白い話になりますが、言われた当事者にとっては不愉快に思う人もいるので、狙ってん言っているなら、決死の冗談なのかもしれないです。

しかし、本人はそういった意識は全く無いでしょう。

 

クソ言われる理由:PART4

武田鉄矢さんは結婚後、奥さんに浮気がバレたが土下座して離婚を免れたそう。

そして浮気発覚後は奥さんの方が立場が強くなったそうで、武田鉄矢はそれを鬱陶しく思うようになったんだとか…。

そして、隣で眠る奥さんの寝顔を見て「このままぽっくりいってくれへんかな…」と思ったそうです。

奥さんに「ぽっくりいってくれへんかな」と言う割に、離婚しないのは、そう思っていても実際はぽっくりいっては欲しくはないでしょうね。

ただ、自分の立場を奥さんより上の立場に上げたいがために、奥さんに対して悪いことを言って、自分が奥さんより上になった気分を味わいたいのでしょうね。

そういう意味では、武田鉄矢さんは人間的には小さい人なのかもしれないです。

 

クソ言われる理由:PART5

武田鉄矢さんは大阪嫌いで有名。

なんでも、武田鉄矢さんの母親も大阪が大嫌いなんだとか。

武田鉄矢さんは過去にテレビ出演した際に「大阪は他人に頼ってきたから主体性がない」、「大阪人は信用できん」、「すぐに人を騙す」などとテレビという電波と使って発言するほど、大阪嫌いなんだとか。

この大阪嫌いも、偏見ですね。

まず、お母さんに大阪嫌いが影響されているので、武田鉄矢さん自身に主体性がないことを暴露しているとも言えます。

そのお母さんの大阪嫌いが頭にあり、それで大阪人と関係したときに嫌なことがあると、「お母さんが言っていたように、大阪人は嫌い!」という、単純な言動になってしまうのでしょう。

なぜ大阪人が自分に合わないのかとか、武田鉄矢さんの出会った大阪人が武田鉄矢さんに合わなかっただけかもしれない、とは考えずに、短絡的に一括りに「大阪 嫌い」と思考することで、自分を納得させているのでしょう。

その方が、難しく考えなくて済むからそういった簡単な発想になるのかもしれません。

東京の人で嫌な人に出会っても、武田鉄矢さんは「東京人嫌い!」とは言わず、「東京にもああいった嫌いな人がいる」という客観的な対応ができるのだと思います。

それは東京には武田鉄矢さんにとって、魅力があるからでしょうね。

もし、東京に魅力がなくなったら、「東京人嫌い!」と偏見で罵(ののし)ると思います。

 

こうやって武田鉄矢さんのクズ伝説を見てみると、武田鉄矢さんは思い込みの激しい人だということがうかがえます。

また、サービス精神が旺盛で、周りを笑わせようとして、人が傷ついてもそれをネタに冗談をいって場を和ませようとしているのでしょう。

本人は面白いことを言っていますが、周りで気を悪くしている人がいます。

しかし、武田鉄矢さんはそうやってのし上がってきたのですから、これが武田鉄矢さんと言えるのかもしれません。

 

芸能人からもクソ扱いされている

今までは一般の方のクソ伝説ですが、芸能人からもクソ扱いされているようです。

 

被害者① 伊集院光

「伊集院光」の画像検索結果

伊集院さんはラジオ番組のパーソナリティをしていますが、過去に武田鉄矢さんがゲストとして来たことがあったそうです。

その時の武田鉄矢さんの態度が、かなり悪かったらしく、スタッフに横柄な態度をとり、本音をズバズバ吐き、伊集院さんは以降、武田鉄矢さんに対して、苦手意識を持つようになったそうです。

武田鉄矢さんはいつものように、爆笑を取ろうと思って、後輩の伊集院光さんのラジオで頑張ったのでしょうが、人に対して気を使わない性格が祟(たた)って、伊集院さんに嫌われてしまったようですね。

これは武田鉄矢さんの、人間関係での失敗例でしょう。

しかし、武田鉄矢さんは何が悪かったのかまったくわかっていないので、伊集院光さんに対して不思議な感覚を持っているかもしれません。

 

被害者② 中尾彬

「中尾彬」の画像検索結果

中尾彬さんも武田鉄矢さんの事がメディアで言うほど大嫌いであるようです。

理由に関しては、普段から教師面しているのが気に食わないとの事です。

中尾彬さんは、武田鉄矢さんより6歳年上になりますが、年上の俳優から嫌いと言われてしまうとは、武田鉄矢さんは相当印象が悪いと思われているのでしょうね。

年上から嫌われようが別に構わない話ですが、中尾彬さん自身が芸能界で好かれている印象を受けないので、心理学で言うところの「投影」で、中尾彬さんが自分の嫌な面を見ているようで、無意識レベルで武田鉄矢さんが嫌いなのかもしれないですね。

 

被害者③ 井上陽水

「井上陽水」の画像検索結果

武田鉄矢さんは、井上陽水さんの歌詞、「都会では自殺する若者が増えている」から「傘が無い」までを挙げ、「暗い」、「貧乏くさい」、「こんな歌が流行ったら日本はダメになる」などと発言したそうです。

この「傘がない」という井上陽水さんの曲は、とても暗いですが、世の中にはもっと暗い曲がるのですから、この一曲を取り上げて暗いと批判するのはおかしいです。

武田鉄矢さんと井上陽水さんは同じ頃のミュージシャンですから、こんな素晴らしい曲を書ける井上陽水さんに対して、やっかみを持っているので、このように批判している可能性もあります。

 

被害者④ 江口洋介

「江口洋介 怒る」の画像検索結果

1991年に放送されたドラマ”101回目のプロポーズ”では、江口洋介さんと武田鉄矢さんは兄弟役で共演。

武田鉄矢さんは「俺、態度でかいから江口に命令するわけ」と、武田鉄矢さん自身が語ったそう。

さらにドラマ現場を仕切り、江口洋介さんのドラマの立ち回りについても命令していたそうです。

この101回目のプロポーズのドラマ以前に、金八先生である程度の成功を収めている武田鉄矢さんですから、「俺は役者として優れている」と勘違いしたのかもしれません。

しかしいくら優れていると思っても、出しゃばらないのが通常ですが、武田鉄矢さんは金八先生で成功しても何か満たされないものがあったのかもしれないですね。

 

被害者⑤ 福山雅治

「福山雅治 怒る」の画像検索結果

福山雅治さんに関しては、NHKの大河ドラマ「龍馬伝」で勝海舟をやったときに、坂本龍馬の役の指摘をいっぱいしたようです。

それで福山雅治さんが武田鉄矢さんのことを嫌いになったようです。

若手の俳優には、口うるさく役に関していろいろ言っているようで、そういった先輩がいるとはっきり言ってうざいですよね。

福山雅治さんだって、自分の演技でやりたいでしょうが、そこでいろいろ言われてしまうと、武田鉄矢さんの演出作品になってしまうので、はっきり言って邪魔だったのでしょう。

それにしても、年下の芸能人に「横柄で傲慢な態度」だから嫌いと言われてしまうというのは、ちょっぴり切ない感じがします。

 

元生徒に嫌われている

「金八先生 田原...」の画像検索結果

金八先生で生徒役だった田原俊彦さん、杉田かおるさんからも「嫌い」と言われています。

2015年8月の「爆報THEフライデー」では、田原俊彦さんが「金八先生の会」と言うのが年1回開催されているが、一度も出席していないと告白しています。

その時に「武田鉄矢さんがあんまり好きじゃない」と発言しました。

ドラマのセリフ以外では、田原俊彦さんに一切話しかけなかったのだそうです。

また、武田鉄矢さんはラジオ番組で、、田原俊彦さんが芸能界に残りたいと相談したが、「オレは残るな!とアドバイスしてやった」という話がありました。

その一方で、特定の女優は持ち上げるような発言があったりしますので、どうも生徒役の中でもえこひいきが激しかったようです。

相当、武田鉄矢さんの心の闇は深そうです。

人それぞれに公平な態度が取れないのはわかりますが、その不公平さを露骨に出してしまうのは、本当に性格的に問題があるのかもしれません。

好き嫌いが激しいのは別に構わないのですが、それを行動に出してしまうのは昔の発想で、現代の日本ではそのような態度は嫌われる要因になっています。

しかし、武田鉄矢さんは嫌われ続けても、自分で納得してやっているのなら、それはそれで構いません。

もし、武田鉄矢さんが嫌われることを恐れ、今までの嫌われる行動が出せないのなら、それは武田鉄矢さんにとって生き地獄と言えるでしょう。

武田鉄矢さんはいろいろな人の目を気にして生きる八方美人より、自分の言いたいことを正直に話すこと、それが武田鉄矢さん自身の魅力の一部なのかもしれません。

もし、八方美人だったら、この年齢まで芸能界にいられないのかもしれないですね。

 

武田鉄矢の悪すぎる性格

「武田鉄矢」の画像検索結果

2017年10月「ワイドナショー」の中で、有名な映画プロデューサーがセクハラをしていたということで、女優から告発されているニュースを取り上げていました。

その時にコメンテーターとして出演されていた武田鉄矢さんは「別にびっくりしない」「日本の映画にパワーがあった頃は、平気でこんな(セクハラ)ことをいう人がいた。」とセクハラを容認するような発言をされていました。

「俺もよく(女性の体を)さわる。人間って、隙とかだらしない所を見せないと仲良くならないよ」と、セクハラは仕事をする上での必要悪であるかのように語っていました。

セクハラはしたらダメですよ。

性的嫌がらせなのですから、人に嫌がらせをして仲良くなろうと企んでいるのでしょうか。

武田鉄矢さんは良くても、やられる人は嫌なのですから、そこのところは相手の気持も考えて、交友関係を築いてほしいですね。

もしかすると法律に違反しないから、セクハラを容認しようとしているのかもしれないので、周りの人も大変ですね。

「今はほんのわずか(価値観が)ずれただけでも大騒ぎになるご時世じゃないですか。当時の金八先生でセット裏でやってたこともパワハラになる」と、現在のセクハラやパワハラの基準がおかしいと持論を展開しました。

確かに近年は、なにかあるとすぐパワハラという風潮はあります。

しかしそもそも価値観が違うのに、それを武田鉄矢さんの価値観を押し付けるのは古い考えの人の発想なのでやめていただきたいです。

武田鉄矢さんは、悪い噂だけでなく仲の良い芸能人の方もいました。

俳優の西田敏行さんとは番組内のコントで共演して以来、家族ぐるみの付き合いをしているそうで、お互いを「西やん」「鉄ちゃん」と呼び合っているそうです。

また同じく俳優の前田吟さんとも仲が良く、本番直前まで話し込み、結局本番でセリフを忘れてしまうこともあったそうです。

まぁ、武田鉄矢さんは、この年齢まで芸能界で生きてこれたのですから、根っからの悪党ではないようです。

価値観が合う人、または尊敬できる人など、気の合う仲間とはとてもフレンドリーに付き合える性格なのでしょう。

そういう意味ではとても仲間意識が強いと言えると想います。

しかし一歩敵になると、全面的に攻撃するという、とても昔の人の考え方が顕著で、現代に生きるほとにとっては絡みづらい人と言えます。

 

武田鉄矢さんはそろそろおじいちゃんと呼ばれる年齢になってきています。

武田鉄矢さんの言動を嫌う人は多いでしょうし、関係者は辛い時もあると思います。

しかし武田鉄矢さんは昔からこのような行動で生きてきた人です。

そんな武田鉄矢さんの言動を根っから批判しても、「解りました、今から直します!」ということは可能性として低いので、今後は暖かく見守って行くことで、武田鉄矢さんの気持ちが安定すれば、武田鉄矢さんのくそと言われる性格も、多少なりともいい方向に向かうかもしれません。

 

男優, 芸能人

 

今回は、強面の役者として、個性的な演技で独特の雰囲気を醸し出している、石橋蓮司さんについてお伝えします。

男優, 芸能人

 

今回は役者やナレーターなど、多方面で活躍中の石井正則さんについてお伝えします。

男優, 芸能人

 

今回はテレビに出ていると、常に高田純次さんのように、いつも冗談を言っているようなイメージがある斉木しげるさんについてお伝えします。