Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

高田純次の嫁・勢子と結婚で真面目会社員に!?子供と孫に囲まれ幸せ生活!?

2021年10月22日

Pocket

今回は真面目をやめるためにテキトー男になったと言われている高田純次さんについてお伝えします。

高田純次さんの嫁さんは勢子さん。

その勢子さんとの馴れ初めや結婚、子供や孫について以下で詳しく見ていきます!




高田純次のプロフィール


出典元:https://bunshun.jp/

本名:高田純次(たかだ じゅんじ)
生年月日:1947年1月21日 (2021年現在 74歳)
出身地:東京都調布市国領
身長:175㎝
血液型:O型
職業:俳優、コメディアン
芸能事務所:テイクワン・オフィス所属(代表取締役)
特技:英会話
資格:宝石鑑定鑑別士 古物商 大型二輪免許 4級小型船舶
父親:東京ガス勤務

引用:https://ja.wikipedia.org/

高田純次さんは子供の頃は近所の人に神童と言われるほどの優秀さ。

中学生まではトップクラスの成績でした。

ただ府中高校に進学すると徹マン(徹夜麻雀)をしだしたりと素行が少し悪くなります。

朝まで麻雀をやっていたのであだ名が国領のニワトリと言われるようになったのです。

それは、大体朝まで麻雀をやってると眠くなるのが通常の人。

ただ高田純次さんは麻雀仲間がぐったりしてる中、一人うるさかったようです。

そのために国領のニワトリと言われるようになったようです。

府中高校を卒業後、お父さんと同じ会社の東京ガスや弁護士になるために大学受験をします。

ただ、明治・青山・法政・中央大学などを受験しますが、全て不合格。

一浪し翌年は芸術系の大学を受験しましたがすべて不合格。

やむを得ずという感じで東京デザイナー学院に進学します。

今でも芸術系のことが好きで、じゅん散歩に建築家の隈研吾さんが出演すると、純次さんは嬉しそうに話してます。

東京デザイナー学院時代のときはアルバイトにも励んでいたそうです。

そのアルバイトとは、ポスターや広告媒体のデザインや制作に携わっていたそうです。

純次さんは元々、クリエイティブ仕事が向いていたようです。




役者への目覚め

その後の1971年、24歳のときに「自由劇場」の舞台を見て俳優を志し、研究生として入団。

でも1年で退団してます。

その後、イッセー尾形さんと一緒に、劇団「うでくらべ」を結成しますが、半年くらいで解散します。

すぐ辞める理由は不明ですが、役者の仕事は不安定。

収入もこの頃はイマイチで年齢も20代中盤。

純次さんとしても考えるところがあったのでしょう。

その少しの証拠として、26歳のときに純次さんは、宝石販売会社「トキモト」に入社しました。

宝石営業とジュエリーデザイナーの掛け持ちだったそうです。

宝石などは単価が高いので、ひとつでも売れるとその利益は大きい。

そういった意味ではやりがいのある仕事と言えます。

その「トキモト」の会社員として働いていれば収入も安定しそう。

結婚もしてますので、不安定な役者より安定した会社員を選んだのです。

そのことについて純次さん自身も言ってます。

「俳優の夢を追いかけたのですが生活費を稼ぐ事が出来ず、安定したサラリーマンの道へと進んだ」

いい加減そうな純次さんですが、根は真面目な姿が見られます。

でも、俳優の夢を捨てたわけではありません。

ある日、自由劇場の研究生時代からの知り合いだった柄本明と偶然遭遇。

新宿の居酒屋で再会し飲んだのです。

そのときに柄本明さんと夢と現実の話をしたのでしょう。

その後、1977年・30歳の時に宝石の仕事を辞めて「劇団東京乾電池」に入団したのです。

サラリーマンを辞めたのは30歳という年齢的に節目で、最後のチャンスに賭けたのかも知れません。

30歳で夢に賭けたかのように、純次さんはテレビに多く出演します。

最初のTV番組出演は1979年の「笑点」でした。当時の年齢は32歳。

純次さんの最大の転機は1985年の「天才・たけしの元気がでるテレビ」です。

この番組では「早朝バズーカ」というドッキリ的なことをやり一躍有名になったのです。

早朝バズーカ:早朝に寝ているタレントさんにバズーカを発砲して起こすドッキリ企画。バズーカは偽物

これがきっかけとなり、人気ドラマ「毎度おさわがせします」の出演し、役者としてもタレントとしても全国区のタレントになったのです。

今でも元気で明るいキャラクターと独特のトークで大活躍の純次さん。

テレビで見てると陽気なおじさん的な感じですが、人生で悲しい出来事もありました。

家族との悲しい死別


引用:https://www.excite.co.jp

高田純次さんのお兄さんは幼いときに肺炎で亡くなってるのです

さらに、4歳のときにお母さんは32歳の若さで病死してるのです。

純次さんのお父さんは32歳で妻に先立たれて寂しい。そのため純次さんのお父さんは再婚します。

再婚相手のお義母さんには連れ子が2人いました。

純次さんより年下になるので、妹と弟が突然でき家族5人で生活したそうです。

お母さんとお兄さんを若くして亡くしているので、純次さんとしても相当寂しかったでしょう。

その寂しさが今の明るい純次さんを生み出しているのかも知れません。

明るい純次さんは26歳のときに結婚してます。

高田純次の名言集!年取ったら自慢話は厳禁!と言ったとか?




高田純次の嫁・高田勢子


引用:https://www.dailyshincho.jp

高田純次さんの嫁さんの名前は勢子さんといいます。

嫁の勢子は劇団員


引用:https://xn--u9jy52gltai77a119b6fc.com/

名前:高田勢子(たかだ せいこ)
生年月日:1948年(73歳)
職業:日本舞踊の先生(師範の免許を取得)

引用:https://ecdeaf.com/

高田純次さんの嫁・勢子さんのことは、以前はあまり知られていませんでした。

しかし2014年10月31日に放送された『中居正広の金曜日のスマたちへ』に出演した時に自ら詳細を暴露したのです。

勢子さんの若い頃は、純次さんと同じ「自由劇団」に所属していたのです。

takadayome
引用:You Tube

こちらが高田勢子さん。

「花王ソフトワンダフル」というCMに出演してました。

このCMでは夫の高田純次さんと子供2人トで共演し、4人家族揃って出演していたのです。

なんとなく嫁の勢子さんが純次さんに似てる感じがする。

もしかすると純次さんのお母さんはこんな雰囲気の人だったかも知れません。




勢子との馴れ初めと結婚で会社員に!


引用:https://xn--n8j3azcmckmhu6nx

高田純次さんは嫁の勢子さんとは「自由劇団」で出会ってます。

お互い自由劇団の団員で役者になるために切磋琢磨してたのでしょう。

純次さんが劇団に入団した2年後に勢子さんと結婚してます。

結婚したはいいものの、劇団員だけでは生活するだけの収入がないので劇団をほとんど辞めます。

そして宝石会社「トキモト」に入社し会社員になりました。

会社員になった純次さんは勢子さんといい感じに生活することになります。

でも役者としての道も捨てきれない純次さん。

会社員だったころに柄本明さんと偶然あったときに再び役者としての目覚めが起きたようです。

勢子ために戻してください!


引用:https://rtrp.jp/

高田純次さんは嫁・勢子さんをとても愛してるエピソードがあります。

それは劇団員のときに嫁の勢子さんと結婚し、まだお金が無かった頃の話です。

勢子さんにクリスマスプレゼントを買うために、アルバイトで得た1万円を大切に使わないようにしていたのです。

そしてその1万円をアルバイト先のロッカーに置いていたのです。

するとその1万円が無くなってしまったというのです。

その時純次さんは焦り、アルバイト先のスタッフに涙ながらにこんなこと言いました。

「妻にクリスマスプレゼントを買うための1万円なんです。」

「誰かなんて探さないので、僕がしばらくでている間に戻してください!」

引用:https://hachanchuchu.blog.ss-blo

すると数時間後にその1万円が純次さんのロッカーに戻ってきたそうです。

犯人探しをしなかったことが功を奏した感じで良かったです。

「誰じゃー盗んだやつはー」とスタッフに詰め寄っていたら1万円は返ってこなかったでしょう。

そういう意味では純次さんは基本的に頭がいい。

今でも面白いことを次々に考えつく頭の回転の速さが感じられるエピソードです。

また、勢子さんへの愛があったので、いい作戦を思いついたのかも知れません。

さらに勢子さんに対する愛情が感じられることとして純次さんは言ってます。

「1977年に「劇団東京乾電池」に入団した当初は売れず、妻子を養うために「警察に捕まるようなこと以外の職は、一通りやったよ」

引用:https://rubese.net/

純次さんは嫁・勢子さんのことが本当に好きなのでしょう。




高田純次の子供と孫


引用:https://www.oricon.co.jp/

勢子さんと結婚した高田純次さんには二人の娘さんがいます。

まずは長女の方から。

長女・高田祐子はデザイナー


引用:https://ameblo.jp

名前:高田祐子(たかだ ゆうこ)
生年月日:1976年(45歳)
職業:ファッションデザイナー
経歴:文化服装学院ファッション工科専攻科卒業
ロンドン留学(ファッション留学)

引用:https://love-all.jp/

高田祐子さんは、ロンドン在住の「kei kagami」のアシスタントデザイナーとし、ミラノコレクションやロンドンコレクションなどに参加しました。

ロンドンで学んだ後帰国し、ファッションブランド「タージュ(TAGE)」という自身のブランドを作ります。

その「タージュ(TAGE)」でデザイナーとしても活躍します。

高田純次さんも東京デザイナー学院を卒業したり、ジュエリーデザイナーをやったりしてたので遺伝的に美術系が好きなのでしょう。

「タージュ」はレディスウエアのブランドで、東京を拠点として運営してます。

ただ時代的に、オンラインショップもやっているそうです。

オンラインショップをチェックすると、ロンドンで学んできたという雰囲気がありハイクオリティ感があります。

おしゃれな洋服ばかりでセンスはいい感じです。

高田純次の名言集!年取ったら自慢話は厳禁!と言ったとか?

祐子は歌手だった!?

高田祐子さんは子供の頃に父・高田純次さんとの仲睦まじい姿を残してます。

それは高田純次さんが1985年8月5日に発売した曲のジャケットに残っているのです。

曲のタイトルは「おふろの歌」でカップリングが「パパのうた」です。

taladauiilp
出典元:オークファン

現在の不真面目そうな純次さんの姿というより、娘・祐子さんを大事にしてる感が滲み出てます。

ジャケットの純次さんと祐子さんを見比べるとすごく良く似てるので、純次さん的には相当可愛い娘だったでしょう。

祐子は父・純次と同じ道に!?

高田純次さんは調布高校を卒業し、いい感じの大学に進学しようと思ったようですがうまくいきませんでした。

でも、東京デザイナー学院グラフィックデザイン科へ進学し、芸能界の道に進みました。

純次さんはそもそもアート系が好きなようです。

じゅん散歩の終わり頃に毎週、街で出会った人の似顔絵を披露してます。

特徴を掴んで描くというよりも風景画のような人物画です。

一方の祐子さんも芸術系的な専門学校・文化服飾学院を卒業してます。

高田純次さんも長女の祐子さんも、芸術的センスに優れているので、今の仕事に就いているようです。

祐子には障害があった!?

高田純次さんの長女・祐子さんに障害があるのでは、という噂があります。

しかし特別障害はありません。

祐子さんに障害という噂は同姓同名の漫画家・高田祐子さんと関係があるようです。

漫画家の高田裕子さんは「恋は突然に/ささやかな過ち」とういう漫画を出版してます。

manga
出典元:BookLive

この漫画は「障害馬術の覇者が主人公」のストーリー。

絵が昔ながらの少女漫画的でいい感じ。

この情報が影響して、純次さんの娘・祐子さんに障害があるんじゃないの、という誤報が流れたのです。




次女もクリエイター

高田純次さんの次女の方の情報は一般の方なので少ないです。

生年月日は、1979年or1980年といわれています。

なので41歳か42歳くらい。

長女の祐子さんが45歳なので、3歳くらい離れた年齢でいい感じのようです。

お仕事は、銅版画作家と美容関係に従事してると言われています。

アルバイト的な感じでお仕事を続けているようです。

結婚はしていて、小学生の娘もいるそうです。

娘ともに実家で暮らしているようなので、毎日のように純次さんは孫娘の成長を見られるそうです。

おじいちゃんとしてはうれしい。

純次さんの次女も銅版画作家というお仕事をしているので、純次さん・祐子さんと優れた芸術センスを持っているようです。

これは明らかに遺伝。

遺伝でないなら、父・純次さんの姿を幼い頃からじっくり見て育ったことがよくわかります。

高田純次の名言集!年取ったら自慢話は厳禁!と言ったとか?

家族でCM共演


引用:https://www.youtube.com/

高田純次さんは家族でCMに出演してます。

そのCMは、

  • 「花王ソフトワンダフル」(1984年3月)
  • 「エバラ焼き肉のタレ」(1985年)


引用:https://ecdeaf.com/

この2つのCMを見ると、高田純次家の暖かさが伝わってきます。

純次さんはテレビで見ているといい加減な感じですが、根は真面目と言われています。

真面目すぎてふざけなければやってけない、ということを語っていました。

家族に対しては温かい家庭を作るために真面目に取り組んでいたような感じがします。

孫との幸せな自宅生活

takadajyunji

高田純次さんの現在は、嫁の勢子さん、次女さんと小学生の娘さんと旦那さんでの5人で生活しているようです。

純次さんが若い頃に、嫁・勢子さんのクリスマスプレゼンを買うための1万円が無くなった時のこと。

返してもらうために必死にお願いしていた姿を見ると、相当勢子さんに惚れ込んでいそう。今でも。

その勢子さんと娘さんと孫娘との生活は計り知れないほどの幸福に感じます。

娘さんからみても、純次さんはきっと頼りがいがあるお父さんで、居心地が良さそうです。

そうでなければ娘さんの旦那さんが、お婿(むこ)さんのように純次さんと生活を共にはしないと思われます。

お孫さんもふざけたおじいちゃんと生活が送れて、明るく楽しい毎日が遅れそうです。




高田純次の嫁まとめ

jyunsanpo
出典元:IZA

お散歩番組「じゅん散歩」を見ていると、高田純次さんは自分のやりたいようにやって終わる番組という感じ。

そのスタイルは昔から変わらず視聴者の方からは「クスっ」という笑いが出るようです。

また純次さんの「テキトー男」ぶりはキャラクターとして演じてる感じがします。

それは、嫁・勢子さんを思う気持ちの誠実さや家族への愛の深さがあるからです。

きっと奥様はその誠実さに惹かれたのでしょう。

そして純次さんは、子供の頃から色々な苦労してきた人物です。

そのことが今でも、光輝き続けていられる理由なのかもしれません。

高田純次の名言集!年取ったら自慢話は厳禁!と言ったとか?

 

男優, 芸能人

Posted by asagao