Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

森口瑤子の旦那・脚本家の坂元裕二の離婚のシナリオとは?美魔女の子供は?

Pocket

今回は、主にバイプレイヤーで輝きを放っている女優・森口瑤子さんの旦那さんについてお伝えします。

森口瑤子さんの旦那さんは有名脚本家の坂元裕二さんです。

  • 旦那さんの坂元裕二さんとは?
  • 旦那さんの坂元裕二さんの馴れ初めと結婚
  • 旦那さんの坂元裕二さんとの子供 など

また少しだけ

  • 旦那さんの坂元裕二さんとの離婚について

以下で詳しく見ていきたいと思います!

森口瑤子のプロフィール

 

この投稿をInstagramで見る

 

森口瑤子 もりぐちようこ(@yokomoriguchi_official)がシェアした投稿

本名:坂元陽子(さかもと ようこ)
旧姓:灘田陽子(なだた ようこ)
旧芸名:灘陽子(なだ ようこ)
生年月日:1966年8月5日(54歳)
出身地:東京都
出身校:共立女子短期大学文科(偏差値48)
身長:164cm
血液型;A型
配偶者:坂元裕二(脚本家・1998年〜)
事務所:松竹エンタテインメント

引用:https://ja.wikipedia.org/

森口瑤子さんは一人娘として広島に誕生します。

お父さんはビール会社に務める人で、子供の頃はお父さんの晩酌をしてお父さんの仕事の疲れを癒やしていたそうです。

一人娘から晩酌をされて、お父さんはとても嬉しかったでしょうね。

子供の頃からお父さんを癒やしていた森口瑤子さんが女優を目指したのは小学校4年生の頃。

テレビで「ウエスト・サイド物語」を見たことがきっかけです。

その物語に出演しているベルナルド役の「ジョージチャキリス」に惚れてしまい、芸能界を目指します。


引用:https://irenekitakami.com/

この人がジョージ・チャキリスさんですが、惚れてしまうのもわかるくらいにハンサム。

女優への目標を持った森口瑤子さんは、たくさんのオーディションを受けたそうです。

その中の一つである「ミス松竹」に1983年(17歳)の時に選ばれ芸能界入りすることになります。

芸能界入りした年に「男はつらいよ・口笛を吹く寅次郎」でデビューし、女優としてスタートを切りました。

その後もたくさんの女優業をこなします。

主な出演作品は…

  • ケイゾク(1999年1月TBSドラマ)
  • やまとなでしこ(2000年10月フジテレビドラマ)
  • HERO(2001年1月フジテレビドラマ)
  • サラリーマン金太郎3(2002年TBSドラマ)
  • 八日目の蝉(2011年4月松竹映画)
  • コウノドリ(2015年10月TBSドラマ)
  • 相棒(2020年10月テレ朝ドラマ) など

名バイプレイヤーとして無くてはならない存在になっています。

また主演作品としては…

  • 温泉(秘)大作戦(2004年朝日放送ドラマ・主演)
  • 女優堕ち(2016年テレ朝ドラマ・主演)

2020年10月には、人気刑事ドラマ・相棒の女将役として、鈴木杏樹さんの後を引き継いでいます。

森口瑤子さんは、美人でいい感じの女優さんですが、若い頃は、監督などからダメ出しが多くて悩んだいたそうです。

なぜダメ出した多かったかというと…

  • 「個性がない」
  • 「面白くない」など

芸能人としては致命的なところをダメ出しされたのです。

美人が多い女優業に、監督はもっと自分を出してほしかったのでしょうね。

しかし、めげることなく森口瑤子さんは女優業を続け、人気ドラマ・相棒で女将役に選ばれ頑張っています。

石の上にも三年ということわざのように辛抱強く女優業を続けたようです。

若い頃は、個性がなく、面白くないと怒られた森口瑤子さんですが、超美人です。

美人は個性と思いますが、その美人の森口瑤子さんと結婚した旦那さんをご紹介します。

森口瑤子の旦那・坂元裕二とは?

 

この投稿をInstagramで見る

 

森口瑤子 もりぐちようこ(@yokomoriguchi_official)がシェアした投稿

森口瑤子さんの旦那さんは、脚本家の坂元裕二さんです。

坂元裕二のプロフィール


引用:https://www.sponichi.co.jp/

本名:坂元裕二(さかもと ゆうじ)
生年月日:1967年5月12日(53歳)
出身地:大阪府
出身校:奈良育英高校(51〜61)
職業;脚本家・東京芸術大学教授
配偶者:森口瑤子

引用:https://ja.wikipedia.org/

坂元裕二さんは奈良育英高校を卒業後、フリーターをしながら脚本を勉強しました。

19歳の時に「フジテレビヤングシナリオ大賞」に応募し受賞。

脚本家の道を歩みます。

代表作は…

  • 東京ラブストーリー(1991年1月・フジテレビドラマ)
  • 二十歳の約束(1992年10月フジテレビドラマ)
  • 世界の中心で愛を叫ぶ(2004年5月・東宝映画)
  • ラストクリスマス(2004年10月・フジテレビドラマ)
  • 西遊記(2007年・フジテレビドラマ・映画)
  • Mother(2010年4月・日テレドラマ)
  • カルテット(2017年1月・TBSドラマ)など

バブル時に流行ったドラマや超有名な映画まで、数え切れないくらいの脚本を手掛けています。

しかし、旦那さんの坂元裕二さんは2020年8月4日に放送された、とんねるずの石橋貴明さんのトーク番組「薪を焚べる」に出演。

その際に、脚本家の苦悩を語っています。

脚本家でデビュー4年後に「東京ラブストーリー」が大当たりしました。

「東京ラブストーリー」は織田裕二さんと鈴木保奈美さんが共演したドラマで、「カンチ!」などとても流行ったドラマでした。

このドラマの最高視聴率は32%で、今では考えられないくらい多くの人が観ていたのです。

「101回目のプロポーズ」などで超有名な・脚本家の野島伸司さんと肩を並べるくらい脚光を浴びたのです。

でも、坂元裕二さん自身は、売れて喜ぶと言うよりも、脚本で食べていけるかどうか不安があったそうです。

会社員ではないのでいつ書けなくなって収入が途絶えるかも、という不安なのかもしれません。

また、一時期、脚本を書くのを止めていたそうです。

それは「脚本を書くことは辛い」と語っています。


引用:https://www.fujitv-view.jp/

ドラマ「北の国から」で超有名な脚本家の倉本聰さんは、脚本を書いている最中は吐き気がすると言っていました。

その理由は、良いものを書こうとするとキリがなく、どんどん完璧に近い感じで脚本を書いてしまうからだそうです。

芸術家は良いものを作ろうと突き詰めることがストレスになるようです。

坂元裕二さんも倉本聰さんのように、常にストレスが掛かっているのでしょうね。

さらに坂元裕二さんは、今でも脚本で食べていけるわからないといいます。

美人女優の森口瑤子さんを妻にし、脚本1本で食べていることにプレッシャは半端ないようですね。

「私は脚本家」として実感したのは最近で、5〜6年くらい前にそんな思いになったそうです。

脚本家なので美人女優と会って、、森口瑤子さんのような女優と結婚できますが、仕事のプレッシャーは半端ないようですね。

森口瑤子の旦那・坂元裕二との馴れ初めと結婚

 

この投稿をInstagramで見る

 

森口瑤子 もりぐちようこ(@yokomoriguchi_official)がシェアした投稿

森口瑤子さんと旦那の坂元裕二さんの出会いは1996年7月に公開された映画「ユーリ ЮЛИИ」。

この映画が坂元裕二さんの初監督作品で、脚本も書いていました。

森口瑤子さんはこの映画で「葉子」役で出演したことが、親しくなる切っ掛けのようです。

映画「ユーリ ЮЛИИ」から2年間の交際期間を経て、結婚に至ります。

結婚にあたりプロポーズは、マレーシアのジョホールバル州で決行しました。

1998年はサッカーの「フランスワールドカップ」が行われ、その日本戦の予選の観戦した後にプロポーズをしました。

外国でプロポーズされるといい雰囲気になるので、坂元裕二さんがムードのいい場所を選んだのでそうね。

結婚当時の森口瑤子さんの年齢は32歳で結婚適齢期。

坂元裕二さんの年齢は31歳で、森口瑤子さんよりも1歳年下なので姉さん女房です。

偏見にはなりますが、画像から坂元裕二さんは甘えた感があります。

一方、森口瑤子さんはお姉さんのようでしっかりしている感じがあります。

もしかすると姉さん女房の森口瑤子さんに甘えている可能性は否定できない(゚∀゚)

森口瑤子の旦那・坂元裕二との子供は?

 

この投稿をInstagramで見る

 

森口瑤子 もりぐちようこ(@yokomoriguchi_official)がシェアした投稿

1996年に結婚した、森口瑤子さんと旦那の坂元裕二さん。

結婚から6年後の2002年にお子さんが誕生しています。

お子さんは一人娘で、年齢は2020年で18歳になっています

生年月日が非公開のため、早生まれか遅生まれかはわかりません。

しかしどっちにしろ、高校3年生が大学1年生と思われます。

娘さんは一般の人なので、名前・学校名・顔画像などは非公開になっています。

美人の森口瑤子さんの娘さんなので、一瞬でも顔を見てみたいものですね。


引用:https://hamalog.com/

こちらの画像は森口洋子さんの若い頃の写真。

娘さんもこのような感じの美人かもしれませんね。

また、森口瑤子さんに18歳の娘さんがいるとは思えないくらい生活感がありません。

こんな美人のお母さんがいて、娘さんも自慢ではないでしょうか。

娘さんと一緒に買物に出かけても、姉妹と思われるかもしれませんね。

ちなみに森口瑤子さんが若さとの美貌を保つ秘訣は…

  • 「犬と毎日1時間のウォーキング」
  • 「1時間以上の入浴とマッサージ」など

1時間もウォーキングすれば脳がだいぶ活性化されるでしょうね。

「脳を鍛えるにはには運動しかない!」という本が出版されているくらいですから。

運動は前頭葉を活性化し、前向きな気持ちになるそうです。

入浴もマッサージも、ストレス解消にはもってこいですね。

ストレスは活性酸素をためて、老化を早めてしまうと言われているようです。

できるだけ「ストレスフリー」な毎日を送ると、森口瑤子さんのようにアラフィフになっても若くて輝ける女性になれるのかもしれませんね。

森口瑤子と旦那・坂元裕二の最高の離婚は?

 

この投稿をInstagramで見る

 

森口瑤子 もりぐちようこ(@yokomoriguchi_official)がシェアした投稿

森口瑤子さんは、まるで結婚していないような生活感がない美魔女優です。

そのため、森口瑤子さんと坂元裕二さんの結婚生活も全然見えてきません。

Instagramでもまるで独身のような写真ばかりで、旦那さんの坂元裕二さんが登場したことはほとんどありません。

2020年で結婚生活22年になります。

結婚生活の中では、喧嘩で離婚を考えることもあると思います。

旦那さんの坂元裕二さんは2013年1月にフジテレビで放送された「最高の離婚」の脚本も手掛けています。

坂元裕二さんは脚本を書く時は、情報は仕入れないと「薪を焚べる」で石橋貴明さんに話していました。

俳優さんの顔をイメージし、部屋にこもって想像して脚本を書くそうです。

「最高の離婚」は文字通り離婚がテーマ。

キャッチコピーは「なぜだろう。別れたら好きになる」。

この脚本を書いている時に、妻・森口瑤子さんとの離婚について想像したでしょうね。

しかし、森口瑤子さんの離婚に関するスキャンダルな情報は、週刊誌やワイドショーでも聞いたことがありません。

「最高の離婚」は30代の未熟な結婚観を描いたドラマ。

森口瑤子さんと坂元裕二さんは50代の熟年夫婦。

森口瑤子さんと旦那の坂元裕二さんには「最高の離婚」の準備はいらないのかもしれませんね。

きっと別れなくてもずっと好きなのでしょう。

森口瑤子の旦那・坂元裕二のまとめ

 

この投稿をInstagramで見る

 

森口瑤子 もりぐちようこ(@yokomoriguchi_official)がシェアした投稿

今回は森口瑤子さんの旦那さんの坂元裕二さんについてまとめました

  • 旦那さんの坂元裕二さんは東京ラブストーリーなどの有名脚本家
  • 売れている脚本家ですが、脚本で食べていけるか不安の日々が続いたそう
  • そのため脚本を書くのをやめていた時期もあったとか
  • また「脚本を書くのは辛い」と語っています。
  • 森口瑤子さんとの馴れ初め(出会い)は坂元裕二さんが脚本で初監督作品のユーリ
  • その映画のcastに森口瑤子さんが選ばれていました。
  • その後、知り合って2年後に結婚
  • プロポーズの場所はマレーシアのボジョホールバル州
  • 1998年のサッカーフランスワールドカップの日本戦の予選を観戦した後にプロポーズ
  • 子供は娘さんが1人います
  • 年齢は18歳ですが、それ以外は非公表
  • 坂元裕二さんはドラマ「最高の離婚」の脚本を書いています
  • 森口瑤子さんとの離婚が気になります。
  • しかし、山口瑤子さんと旦那さんの坂元裕二さんの離婚はなさそう

2020年の相棒で女将の役を演じてはまり役になっている森口瑤子さん。

私生活が見えませんが、旦那さんの坂元裕二さんといつまでも仲良くいてください。