Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

井上真央が創価学会での信仰がスゴすぎる理由と松本潤との結婚がヤバい!?

2020年1月10日

Pocket

今回はNHKの朝ドラ「おひさま」や大河ドラマ「花燃ゆ」にも出演し、TBSの花より男子で一躍脚光を浴びた、井上真央さんについてお伝えします。

井上真央さんは、創価学会の信者として大活躍していますが、その信仰心がスゴすぎると言われています。

その影響で所属事務所を移籍したり、嵐の松本潤さんが創価学会員になったとも言われています。

また、松本潤さんとの結婚2020年についてもまとめましたので、以下でご覧なってください。

井上真央のプロフィール


引用:https://www2.nhk.or.jp/

本名:井上真央(いのうえ まお)
生年月日:1987年1月9日(満33歳)
星座:やぎ座
身長:158cm
体重:41kg
血液型:O型
出身地:神奈川県横浜市
出身大学:明治大学文学部卒業(偏差値60程度)
ジャンル:女優
デビュー年:1992年
デビュー作:真夏の刑事
代表作:花より男子(TBS)、朝ドラ「おひさま」(NHK)、大河ドラマ「花燃ゆ」(NHK)
特技:日舞
趣味:ドライブ
事務所:アンヌフ

引用:https://ja.wikipedia.org/

井上真央さんは、子役から活躍しており、4歳の時に劇団東俳に入団します。

その翌年の5歳の時に初めてお芝居を開始し、その後はたくさんの役を演じています。

子役時代(12歳)の時に、CBCの昼ドラ「キッズ・ウォー」に出演し男勝りの役を演じました。

その後2005年のTBSドラマ「花より男子」で初主演を果たすと、一躍全国区の女優さんへと変貌し、一緒に共演した松本潤さんといい関係になりました。

しかし未だに結婚の話はありませんね。

そんな井上真央さんは創価学会の信者として今では有名ですが、創価学会での信仰がスゴすぎると言われています。

 

井上真央の創価学会への信仰心がスゴすぎる理由


引用:https://www2.nhk.or.jp/

井上真央さんが信者だといわれている「創価学会」という宗教。

元は仏教の法華経系といわれる団体で、1930年に創立されました。「生命の尊厳」を掲げ、「万人の幸福」と「世界の平和」の実現を目標としているそうです。

TVCMなどでよく目にする「聖教新聞」も、創価学会が発行しているものです。また、1964年に結党された「公明党」を支持している団体としても知られています。

これまでに、災害時の救援・復興活動といった社会貢献に取り組むなど、世間的に評価される行動もあれば、未成年信者への入信強要といった批判される行動も起こしています。

また、井上真央さん以外の芸能人では、タレントの久本雅美さんや女優の石原さとみさんも創価学会の信者であるとされています。

今回ご紹介している井上真央さんも熱心な信者で、「唱題」と呼ばれる「南無妙法蓮華経(なんみょうほうれんげきょう)」を唱える儀式を朝晩1日2時間行っているといわれています。


引用:https://dot.asahi.com/

井上真央さんは、1日2時間儀式をするようで大変ですね。

個人的には考えられないことですが、井上真央さんが創価学会を信じてしまっている以上、儀式をやらないと気持ちが悪いのでしょう。

信じることは人間の普段以上のエネルギーを発揮させると言いますので、井上真央さんはものすごいエネルギーを持っていると思われます。

 

祖母・母と3世代に渡る創価学会員


引用:https://endia.net/

2015年の創価学会の新年会では、創価学会の地区トップが以下のような発言をしたそうです。

大河で主役を務める井上さんは生粋の学会っ子で、自宅は活動の拠点でした。彼女も、少年少女部会には欠かさず参加していたのですよ。

引用:https://www.dailyshincho.jp/

それまで、聖教新聞や学会系機関紙に登場したことはなく、そのような報道もなかったそうですが、マスコミが井上真央さんのご実家に取材、質問を投げかけたところ、井上真央さんの母親は以下のコメントとともに、その事実を認めたそうです。

私の母の代から創価学会に入っているし、私も娘も信仰しています。今はドラマの撮影で忙しいので、昔のようには活動できていませんがね。

引用:https://www.dailyshincho.jp/

また、現在も創価学会が発行する「聖教新聞」を購読しているそうです。

まとめますと…

・井上真央さんの祖母の代から信仰している
・井上真央は子供のときから生粋の学会っ子だった
・井上真央の自宅は学会の活動の拠点だった
・井上真央は学会の少年少女部会には必ず参加していた
・井上真央さんは聖教新聞を購読している

とても熱心ですね。

祖母の代から創価学会員だったといことで、江戸っ子のように3代に渡り、生まれながらにして創価学会に入信していたとなると、辞めようと思ってもやめられないので、信仰心は大迫半端なさそうです。


引用:https://www.crank-in.net/

また、ベテラン女優の岸本加世子さんも、井上真央さんのように幼い頃から創価学会に入信。

今も熱心な信者であるそうで、創価学会内でも高いポジションにいるとされています。

そういう観点から考えると、今後、井上真央さんも「創価学会」での立ち位置が高くなっていくのでしょうね。

ちなみに岸本加世子さんのプロフィールは…


引用:https://asakusa.keizai.biz/

本名:岸本加世子(きしもとかよこ)
生年月日:1960年12月29日(満58歳)
星座:やぎ座
身長:153cm
体重:45kg
血液型:B型
出身地:静岡県島田市
出身大学:明治大学付属中野高等学校定時制 中退(偏差値40程度)
ジャンル:女優
デビュー年:1976年
デビュー作:ムー
代表作:HANA-BI(1998年公開)、菊次郎の夏(1999年公開)
事務所:アンヌフ

引用:https://ja.wikipedia.org/

親子三代にわたる創価学会の信者で、信仰も深いとされている井上真央さんですが、大学は明治大学を卒業しています。

創価学会の創立した、「創価大学」を選択しなかったのは不思議ですね。

「創価大学」の画像検索結果
引用:https://www.facebook.com/

勉強に関しては、創価学会の教えだけではなく、明治大学で知見を広げることで、卒業してからさらに創価学会に貢献していこうと考えているのかも知れませんね。

もしそうだとすると、創価学会に対する信仰心は本当にスゴすぎますね。

 

創価学会員の有名芸能人


引用:https://mainichi.jp/

井上真央さんの他に、創価学会員にはたくさんの芸能人の信者がいるようです。

久本雅美、柴田理恵、ナイツの二人、彦麻呂、はなわ、山田花子、寺門ジモン、ベッキー、小川菜摘、猫ひろし、青木さやか、アニマル浜口、吉澤ひとみ、松山ケンイチ、石原さとみ、井上真央、岸本加世子、田中美佐子、上戸彩、泉ピン子、小池栄子、生田斗真、城島茂、松岡昌宏、近藤真彦、草彅剛、滝沢秀明、研ナオコ、クリスタルケイ、高橋ジョージ、細川たかし、氷川きよし、槇原孝之 etc

大女優からお笑い芸人、歌手やアイドルまでたくさんの芸能人が、創価学会に所属していてスゴイですね。

この沢山の芸能人創価学会員の中で、井上真央さんは創価学会に対する忠誠心が高いそうなのでスゴすぎです。

それにしても、これだけのメンバーが集まれば、年末などの宴会が楽しそうですね。

 

所属事務所をあっさり退所した理由は創価学会?


引用:http://snow-onyx.com/

創価学会の信者として信仰が深いとされている、井上真央さん。

そんな井上真央さんは、実は2016年に事務所を移籍しています。

それまで所属していた、女優の松嶋菜々子らも所属する事務所「セブンス・アベニュー」から、俳優・岸部一徳さんが代表取締役を務める個人事務所「アン・ヌフ」に移籍したのです。

井上真央さんは前年の2015年にNHKの大河ドラマ「花燃ゆ」で主演を演じたばかりとあって、この移籍は大きな話題となりました。

移籍の大きな理由は、井上真央さんの母親と所属事務所であった「セブンス・アベニュー」との確執だったといわれています。移籍から3年ほど前の2013年頃から、事務所の待遇に井上真央さんの母親が不満をこぼしていたとされています。

ステージママが乗り出してきて、「娘の待遇を良くしろ!」という労働組合みたいな話のようです。


引用:https://www.crank-in.net/

井上真央さんは子役から活躍しており、芸能活動において母親の存在と影響は大きかったと思われます。

創価学会の信者としても、芸能界での活動においても、親子で頑張っているものとされています。

創価学会という心のより所があるので、その信念を元にステージママも事務所に処遇改善命令を出したようですが、改善されなかったので事務所を変わったようです。

 

岸部一徳の関係と新事務所のアン・ヌフ


引用:https://gendai.ismedia.jp/

事務所移籍時、「個人事務所を設立するのではないか」とも言われていた井上真央さんですが、結果的に岸部一徳さんの個人事務所「アン・ヌフ」に移籍しています。

同じく創価学会の信者である、岸本加世子さんも「アン・ヌフ」に所属していますが、岸部一徳さんは創価学会員ではないようです。

創価学会員でもなく、井上真央さんと岸部一徳さんはこれといって親しい間柄でもないようです。

しかし所属事務所を岸部一徳さんが代表のアン・ヌフに移籍したのは、大物女優・岸本加世子さんの仲介があったそうです。

 

創価学会員の岸本加世子との親密関係


引用:https://www.oricon.co.jp/

井上真央さんの母親は、もしかすると自由度の高い個人事務所設立を目指していたのかもしれません。しかし、個人事務所を設立するにあたっては、金銭面・人材面の問題があります。

そこで、岸部一徳さんの個人事務所「アン・ヌフ」への移籍を決めたと考えられていますが、特に関わりがなかった岸部一徳さんの個人事務所を選択した理由には、女優の岸本加世子さんの存在が大きいとされています。

岸部一徳さんは特に創価学会員ではなさそうですが、芸能界のつながりとして岸本加世子さんと仲がよく、その関係で井上真央さんは岸部一徳さんの事務所に移籍したのですね。

また、岸部一徳さんは井上真央さんと直接的な交流はなかったものの、井上真央さんと交際している嵐の松本潤さんとプライベートで交流があり、そのような経緯で事務所への入所を受け入れたとされています。

井上真央さんの周りは、いろいろと関係が繋がっていて、芸能界で生きていく上で、とても理想的な環境ですね。

このような状態だったら、一つの事務所に拘束されるよりも、人脈を駆使して、大きく世界を広げた方が、井上真央さんにとって理想の芸能生活を送れそうです。

 

井上真央の信仰心に結婚相手の松本潤は困惑?


引用:http://erimakee.com/

井上真央さんは岸本加世子さんの紹介で、特に問題もなく事務所を移籍できたようです。

しかし、プライベート面では問題が残っています。それが、嵐の松本潤さんとの結婚です。

かねてより交際しているとされている2人ですが、創価学会の人が結婚するにはある条件があります。それが、「結婚相手が創価学会の信者であること」もしくは「結婚相手が創価学会に入信すること」だといわれています。

宗教への入信というと、かなりハードルが高いように感じますが、松本潤さんが創価学会の会合に井上真央さんと参加していたとも言われており、もしかすると松本潤さんも結婚ために、創価学会に入信するのかもしれません。

週刊女性では、女優の井上真央との結婚を見据えて、松本潤が“改宗”したと報じられていますが、たしかに、井上が松本を同伴して学会の会合に参加する様子の写真も週刊誌記者は持っているといわれていますので、事実ではないでしょうか。芸能界にはほかにも上戸彩さんや石原さとみさんなどが信仰していますので、抵抗は少ないでしょう

引用:https://www.excite.co.jp/news/

ユダヤ教のように改宗しないと結婚はできないという縛りは、スマホを契約するときの縛りのように面倒でややこしいですね。


引用:https://trend-movie.com/

そういうややこしい状況の中で、松本潤さんは改宗しなければならないということで困惑しているのは?と思ってしまいます。

同じ考えを持った人同士が集まるのは問題はないですが、結婚することで考えを変えなければいけないとなると百年の恋も冷めそうです。

松本潤さんは、結局、創価学会に入信したと言われていますが、あくまでも井上真央さんとの関係を続けたいというしがらみのために入信したのであり、心の底から創価学会に入信したのではないでしょうね。

 

松本潤との結婚の可能性が高い理由


引用:https://mdpr.jp/

松本潤さんの所属するジャニーズ事務所は、いずれもタレントの結婚時期が遅く、結婚に対するハードルがかなり高いとされています。

また、創価学会の信者である井上真央さんも、結婚相手が創価学会の信者、もしくは結婚相手が創価学会に入信する必要があると、こちらもハードルが高いです。

それなのに、2人の結婚の可能性は高いと予想する芸能関係者はとても多いそうです。

なぜ、そのように考えられているのでしょうか。

 

井上真央のテレビ出演の減少のため


引用:https://hotword-coolword.com/

井上真央さんは正月の「さんまのまんま」に毎年出演していましたが、近年はあまり公の場に出てきていません。

NHKのドラマに時々出演するくらいです。

そういう状況から、そろそろ松本潤さんとの結婚が近いとも言われ、花嫁修行をしているのでは?と言われています。

嵐が2020年の末で活動を休止するので、その活動休止の時期が来たら井上真央さんと松本潤さんは結婚するのではないかとも言われています。

2020年は東京オリンピックもあり、年齢的には井上真央さんは33歳、松本潤さんは37歳になり、出産時期的にも限界値でしょうし、松本潤さんは、すでに創価学会に入信したようなので、2020年に結婚の報告がありそうです。

 

松田翔太の結婚式に井上真央がいないため


引用:https://soratobu-penguin.com/

2018年に結婚式を挙げた、俳優の松田翔太さんとモデルの秋元梢さん。

2人の結婚式は帝国ホテルで行われ、多くの芸能関係者も参列したといわれています。

しかし、その結婚式にドラマ「花より男子」のメンバーで、井上真央さん1人だけが参列していたかったそうです。

もちろん、様々な理由が考えられますが一部では、松本潤さんが参列していたからではないかというのも有力な説なのだそうです。

井上真央さんと松本潤さんが揃って参列となると、マスコミが騒ぎ立て、松田翔太さんと秋元梢さんの結婚式の邪魔となることをを危惧したのではないかといわれています。

こういう井上真央さんと松本潤さんの行動を見ると、マスコミ的に避けているのでしょうから、二人のディープな交際は明白ですので、結婚が秒読みということを表している逸話と言えます。


引用:https://snsdays.com/

一流芸能人の井上真央さんと松本潤さんですから、2人が揃って松田翔太さんと秋元梢さんの披露宴に座っていたら、マスコミは格好の餌と思って食らい付いてくるでしょう。

そうなると松田翔太さんと秋元梢さんにも迷惑がかかるので、井上真央さんは公に出てくるのを控えたのでしょうね。

また、公には井上真央さんは、松田翔太さんと秋元梢さんの結婚式を欠席したとされていますが、一部では「密かに参列していた」なんていう噂もあるようなのです。

実は、井上真央さんは共演した松田翔太さんだけではなく、秋元梢さんとも仲が良いようで、その2人の結婚式に参列しなかったということは考えにくいそうなのです。

また、松本潤さんの事務所であるジャニーズ事務所から、「たとえ出席していたとしても公表しないでくれ」とお願いされていたのではないかとも噂されています。

仲の良い友だちの結婚式に出席しないということは、失礼でもありますので、ひっそり出席して、松田翔太さんと井上真央さんを祝福していたのでしょうね。

しかし本当に出席していたかどうかは、井上真央さんと松本潤さんが晴れて結婚して、いろいろ話せるようになってから、詳しい真相をテレビのトーク番組でその辺を聞いてみたいです。

 

井上真央の創価学会に対する貢献度


引用:https://www.cinematoday.jp/

井上真央さんの家系は3代に渡って創価学会の会員です。

お祖母さん、お母さん、井上真央さん。

さらに松本潤さんと結婚した場合、その子供も創価学会員になり、4代の創価学会員です。

脈々と続く創価学会員の血を受け継ぐことになるので、井上真央さんの創価学会(宗教)に対する信仰心は猛烈に強いことがわかります。

また、これほど創価学会にとって貢献度の高い会員さんはいないと思われます。

 

松本潤が創価学会員なることへの世間の抵抗感

井上真央さんと結婚の噂のある、嵐の松本潤さん。

ジャニーズ事務所というと、女性ファンが多いことで有名ですが、実際に2人が結婚するとなるとどのような感情を抱くのでしょうか。ツイッターで少し調べてみました。

その他のジャニーズアイドルに比べると、かつてから噂があったこと、また同じく嵐の二宮和也が結婚されたこと、そして何よりドラマ「花より男子」が好きだったファンの人からすると、2人の結婚については、ウェルカムな意見が多く目につきます。

しかし、やはり結婚に対するバッシングを心配する意見も。

また、嵐の松本潤さんの創価学会入信については、あまり嵐のファンの中で意見を発言している人はいませんでした。もしかすると、あまり本気にされていないのかもしれませんね。また、わずかに意見を述べている人は、創価学会という宗教にあまりよいイメージがないようです。

井上真央の信仰のまとめ


引用:https://www.cinematoday.jp/

創価学会の信者の井上真央さん。

その信仰心と貢献度はスゴすぎて半端なさそうです。

結婚するためには、結婚相手が創価学会の信者、もしくは創価学会に入信する必要があり、現在の恋人といわれている嵐の松本潤さんが入信するのかどうか、そして結婚するのかどうかが注目されています。

同じく嵐の二宮和也さんが結婚したことで、2人の婚期が近づいたようなので、2020年には井上真央さんと松潤の結婚し、さらに創価学会への信仰心と貢献度が半端ないものになりそうです。