Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

張本智和が日大高校に進学し日本国籍を選んだ理由がヤバい!?東京オリンピックでの金メダルの可能性は?

2020年5月3日

Pocket





今回は、日本卓球会の若きエース、試合中「チョレイ!」の掛け声で有名な張本智和さんについて詳しくお伝えします。

張本智和さんは卓球選手です。

2020年に開催される東京五輪の日本代表選手に当確していますが、張本智和さんの両親は中国の出身であることから、なぜ張本智和さんは日本国籍なのか?

どうして日本国籍を選んだのか?

高校はどこ?など気になっている人が多いようですね。

東京五輪での金メダル獲得の可能性も含めて以下で詳しく見ていきたいと思います。


張本智和のプロフィール

 

この投稿をInstagramで見る

 

張本 智和 Harimoto Tomokazu(@harimoto__tomokazu_1711)がシェアした投稿

本名:張本智和(はりもと ともかず)
生年月日:2003年6月27日
出身地:宮城県仙台市出身
家族構成:両親、妹
血液型:O型
身長:175㎝
体重:64㎏
所属:木下マイスター東京所属

引用元:Wikipedia

張本智和さんは、2017年にITTFワールドツアー男子シングルスで世界史上最年少の14歳61日で優勝しました。

その翌年2018年にはITTFワールドツアーグランドファイナル男子シングルスで世界史上最年少15歳172日で優勝。

その輝かしい経歴から「神童」「100年にひとりの逸材」などと呼ばれ世界から称賛を浴びています。

張本智和の高校は日大高校!

張本智和さんは日大高校に在学中の現役高校生です。

日大高校は、横浜にある中高一貫の高校で、文武両道を目指す校風だそうです。

日大高校の偏差値を調べたところ65-67もありました。

張本智和さんは卓球だけでなく勉学にも力を入れているようですね。

日大高校は多くの有名人、スポーツ選手を輩出しており、プロゴルファーの金子柱憲さんやお笑い芸人トレンディエンジェルの斉藤司さんも日大高校出身です。


日大高校を選んだ理由がスゴすぎでヤバイ!


出典元:T.LEAGUE

張本智和さんは東京都北区立稲付中学校時代、JOCエリートアカデミーに在籍していました。

JOCエリートアカデミーとはその名の通り厳しい選考基準を満たしたエリート選手のみ所属できる団体です。所属した選手は親元を離れて寄宿舎生活となり、近隣の学校に通いながら日本オリンピック委員会の強化育成指導を受けることができます。

通常所属選手は、高校卒業まで在籍しますが、張本智和さんは中学卒業後エリートアカデミーから離れ日大高校の進学を決めたのです。

張本智和さんは小学生時代、成績は優秀そのもの。海外遠征もこなしながら学校はほぼ休まなかったそう。

ですがエリートアカデミーでは練習中心の生活です。中学生の頃から徐々に張本智和さんの成績は低下。勉強をもっと頑張りたいと自らの意思で日大高校進学を決意されたそうです。

張本智和さんほどの輝かしい経歴の持ち主で優れた選手だったら「卓球さえ頑張ればいい」と思ってしまいそうですが、現状に満足せず、文武両道を目指すなんてスゴすぎますね!

張本智和が日本国籍を選んだ理由


出典元:読売新聞オンライン

両親共に中国人であるにも関わらず、どうして日本国籍を選んだのか?

張本智和さんの両親はなぜ日本に来たのか?

以下で詳しく探っていきたいと思います。

日本で両親がコーチをしているから


出典元:トレンドぼっくす

父親:張宇(ハリモト ユ)(48歳)

母親:張凌 (ザン リン)(45歳)

ご両親は1998年に結婚し、仙台ジュニアクラブのコーチとして日本に来日しました。

父親は男子ジュニア日本代表コーチを務め、母親は中国で世界選手権の代表に選出されるほどの実力者です。

父親の張本宇さんは、いずれは中国でプロチームのコーチになりたいという目標があったそうですが、2003年6月27日に張本智和さんが誕生すると、生活の基盤は完全に日本となり、その目標も変わっていったそうです。

その後、2008年6月16日に妹の張本美和さんが誕生したことで、完全に日本で生活することを決心します。

その流れから張本智和さんは日本国籍を取得することになります。

日本人として世界で活躍したいから


出典元:芸能人有名人学歴偏差値.com

張本智和さんは日本生まれの日本育ち。

自分のアイディンティティーは日本にあると感じており、将来は日の丸を背負って日本の卓球選手として世界で活躍したいという強い思いがあったので日本国籍を取得しました。

帰化したいと申し出たのは、なんと10歳の時で、「日本人として世界で活躍する」という張本智和さんの強い意志を感じます。

自分の将来を考えた上での行動であり、若くして世界で活躍する選手はやはり子供の頃から違いますね!


張本智和が日本国籍を取得


出典元:ぽこあぽこ

2014年の春に、張本智和さんが小学校4年生(10歳の時)に、父親妹の美和さんと共に日本に帰化し、中国名の「張」から日本名の「張本」へ変わります。

帰化する際は、張本智和さん自身から「日本に帰化したい」と申し出たようです。

ご両親は、日本への帰化は考えていなかったそうですが、張本智和さんの強い意志を受け日本へ帰化することを決意されました。

一方で、母親の張凌(ザン リン)さんは、中国籍のままです。

理由に関しては明らかになっていませんが、母親の張凌(ザン リン)さんは中国の卓球選手として大活躍した人でした。

また、中国は結婚しても日本のようにその家に入る習慣がなく別性を名乗るので、母親の張凌(ザン リン)さんはわざわざ故郷の中国を捨てることもないので、日本籍を取得せず中国籍のままなのでしょうね。

張本智和に対する両親の葛藤


出典元:東京新聞TOKYOweb

今や世界で活躍する張本智和さんですが、意外にもご両親は張本智和さんに将来必ず卓球選手になってほしいとは考えていなかったようです。

かつて張本選手と同じ卓球選手でありその厳しい世界を知っているからこそ、卓球選手として活躍し続けることがいかに難しいことなのかご両親は理解していました。

ですが張本智和さんが小学4年生の時、日本ジュニア選手権の県予選で逆転優勝をしたことをきっかけに、この子は私たちを超えていく存在であると認めることとなったのです。

それから両親は「東京五輪で金メダルをとる」という張本智和さんの目標を支えていくという考えに変わったのです。

最初、両親は張本智和さんを卓球選手にはさせたくないという思いでしたが、あまりにも卓球が強いのでどうしようという葛藤があったようです。

しかし、今では全面的に支えています。

張本智和に対する中国人の反応


出典元:デイリースポーツ

張本智和さんの活躍は世界でも認められていますが、両親の故郷の中国人はどのような反応を示しているのでしょう。

「中国人は彼を日本人だと思っている!しかし、日本人は彼を中国人だと思っているよ」
「中国人だから卓球が上手いと思ってるの?中国の環境が卓球を上手くさせるんだよ。彼は今後苦労するだろう」
「東京五輪では俺たち中国がお前を負かす!」
「中国には天才卓球少年がいっぱいいる。もし中国だったら彼は日の目を見ないまま終わるな」
「卓球で生きるならやはり中国!他国ではスポンサー付けるのすら難しい」
「中国では代表入りはできないレベルかな」

引用:https://blog.goo.ne.jp/

要約すると…

  • 張本智和は日本人
  • 中国が卓球が強いのは環境
  • 東京五輪では中国が負かす
  • 中国人だったらオリンピックに出られない
  • 卓球と言ったら中国

中国人の方々は、張本智和さんに対して、日本でやっているから通用する、と言っていますが、世界大会で張本智和さんは中国人の強豪を倒すこともあるので、国籍が中国でも活躍できたのでは?と思ったりもします。

「日本で生まれてるから日本人でしょ?中国と何か関係あるの?」
「自分の夢のために祖国と民族を裏切るなんて意味あるの?」
「こうやって人材が流出していくのか」
「金メダル獲ってみろ。祖国に挑んでこい」

要約すると…

  • 中国とは無関係
  • 中国を裏切った
  • 中国から選手が流れていく
  • 中国を破ってみろ

「中国となんか関係あるの?」といった中国人特有のドライな感じのコメントがありますね。

「張本?特に関係ないし…」と言ったところでしょうか。

卓球強豪国の中国なので厳しい意見が多いですね。

張本智和さんにはぜひ東京オリンピックで金メダルを獲っていただき、中国人たちを見返してほしいですね。


張本智和は東京五輪で金メダルが穫れるのか?


出典元:日本経済新聞

2016年、前回大会のリオ五輪では、水谷隼さんが銅メダルを獲得しました。卓球個人では日本勢初となる快挙でした。

現在、世界ランクではリオ五輪の水谷隼さんより上位につけている張本智和さん、はたして東京五輪での金メダル獲得は可能なのでしょうか?

張本智和の世界ランキングから考察


出典元:スポーツ報知

現在、張本智和さんの世界ランキングは5位です。

水谷隼さんが銅メダルを獲得した当時の世界ランクは7位でした。順位的には銅メダルより上位の成績が十分期待できますね。

また、2019年の卓球男子ワールドカップで張本智和さんは世界卓球3連覇中の馬龍選手(世界ランク4位)に勝利しています。馬龍選手はなんとリオ五輪の金メダリストです。

決勝戦では樊振東さん(世界ランク1位)に敗れ、惜しくも銀メダルとなっていますが、張本智和さんは「オリンピックで金メダルが穫れるように頑張る」と明言されていますので、東京オリンピックでの金メダル獲得を期待せずにはいられませんね!

東京オリンピックでの対戦相手から考察

「もし、決勝に行けば90%くらいの確率で樊振東(はん・しんとう)選手(中国)と当たると思います。東京オリンピックまでに一番伸ばさなければいけない部分はメンタル面です。技術は練習し、習得するのは当たり前。それをしっかりと試合で使うこと。自分はオリンピックを経験していないので、プレッシャーに動じないメンタルが大事になると思います!」

引用:https://www.toto-growing.com/

張本智和さんは、実力的には世界一位といっても過言ではない選手なので、後はメンタルをしっかり鍛えることで、世界一位の中国選手と対戦し、ピンチになっても動じない精神力が備われば、あっさり金メダルを獲ってしまいそうです。


張本智和まとめ


出典元:THE ANSWER

張本智和さんの高校は、神奈川県横浜市にある日本大学付属高校でした。

勉強も頑張りたいという意向から、公立の中学校から偏差値の高い日大高校へ進学したのです。

また自身の強い意志で日本国籍を選んだ張本智和さん。日本にこんな素晴らしい選手がいることはとても喜ばしいですね。

卓球だけでなく勉学にも全力で取り組む姿はとても好感がもてます。

何事にも全力で取り組むストイックな性格には、驚いた方も多いのではないでしょうか。

ご両親の力強い支えもありますし、東京五輪での活躍も大いに期待です。

今後も、日本の若きエースの活躍を全力で応援していきたいと思います。