Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

卓球 張本智和は日大高校?中国語名と反応は?ラケットのラバーが意外?

2019年5月13日

Pocket

 

2018年12月、15歳という若さで世界を制し話題となった卓球男子シングルスの張本智和選手。

東京オリンピックでも活躍が期待される注目の選手です!

今回はそんな天才卓球少年の張本智和選手についてお伝えします!

高校はどこに行くのかとか、中国語の実力、中国名、中国の反応といったことや、世界で活躍するラケットのラバーはどのようなものを使っているのか、また、世界ランキングについて以下で詳しく見て行きましょう!

張本智和のプロフィール

名前:張本智和(はりもと ともかず)
生年月日:2003年6月27日
出身:宮城県仙台市
身長:175cm
体重:61kg
足のサイズ:28cm

宮城県仙台市で生まれ育っていますが、両親は中国四川省出身の卓球選手であり、元は中国国籍だったようです。

両親の影響で2歳から卓球の英才教育を受けていたそうです。

2014年に父の張宇さん、妹の美和さんと共に帰化し、日本国籍を取得しています。

身長は現在175㎝とのことですが、まだまだ育ちざかりなので、今後も伸びる可能性はありそうですね。

年齢は2019年現在15歳の中学3年生で、2019年春から高校に進学するものと考えられます。

張本智和の高校は日大高校?

2019年現在中学3年生の張本智和選手。

3月に卒業を控えていますが、どこの高校に進学するのかが気になるところですよね。

そこで、張本智和選手の進学先について調べてみました。

卓球男子で世界ランク5位の張本智和(15)が、来年3月の中学卒業とともに日本オリンピック委員会エリートアカデミー(EA)を修了し、日大高に進学する意向であることが分かった。

これまで卓球のアカデミー生は東京都北区の味の素トレセン近隣の高校に進学していたが、学業でもトップを目指す15歳は、より難しいカリキュラムの高校への進学を希望。

卓球選手として世界で活躍する張本智和選手ですが、文武両道を志しており学業もおろそかにしたくないというのだから驚きです!

EAは高校に通いながら所属することも可能だが、張本は学業と競技の両立を目的に、あえてEA“卒業”を選択。

来春はTリーグで所属するチームの拠点に近い日大高(神奈川県横浜市)への進学を希望している。

上記の通り中学校卒業後は日大高校に進学し、卓球と学業を両立していくという考えを持っているようです。

とても努力家でストイックな性格がうかがえますね。

中国語の実力はどのくらいか?

張本智和選手は両親が中国人であり、卓球をやってることから中国へ行く機会も多いはずです。

そこで、中国語のスキルはどの程度なのか調べてみたところ、やはり幼いころから両親が中国語で会話をしているため日本語と同じようにペラペラなのだそうです!

むしろ幼い頃は日本語の勉強をしていたのだとか。

下記のように張本智和選手が中国でのインタビューに中国語で答えている記事を見つけました。

打比賽的時候拿分就好高興(試合中に点を取れば、すごく嬉しい)
贏了更高興(もし勝ったら、もっと嬉しい)
(封號)沒想那麼多(タイトルのことはそんなに考えてない)
打比賽 爭取贏了就行(試合さえ勝てればいい)

卓球は中国が世界一の実力国なので、中国語がネイティブであることは強みになりそうですね。

中国語を話している動画などもあるようなので、気になる方は探してみてください。

張本智和の気になる中国名

上でも紹介しましたが、張本智和選手は2014年までは中国国籍でしたが、2014年に父親、妹と共に帰化し日本人となっています。

最近のことですのでご存知の方もいるかもしれませんが、それまで張本智和選手は中国名を名乗っていたとのことです。

その中国名は父親の元々の姓である張と下の名前で「張智和」だったそうです。

ちなみに張本智和選手が日本人として帰化したのは以下のような理由からだそうです。

張本智和選手が日本国籍にしたいと希望したのは、日本代表として戦いたいという熱い思いがあるから。両親は中国人ですが、張本智和選手が生まれ育ったのは日本。

その為、日本への愛着が強く日本代表になって世界と戦いたい!と思うようになったのでしょう。

なかなか同じような経験のある人は少ないと思うので、難しい感覚かもしれませんが、生まれそだった土地に愛着があり、そこの代表となりたいと思うのはごく自然なことなのかもしれませんね。

強すぎる張本智和に対する中国の反応

張本智和選手が日本人となったことで大きな戦力を得て喜ばしいことではありますが、反対に中国の反応はどうなのでしょうか?

張本智和選手に対する中国人のネット上の反応をまとめたものがありましたのでご紹介したいと思います。

中国人は彼を日本人だと思っている!しかし、日本人は彼を中国人だと思っているよ。
・中国人だから卓球が上手いと思ってるの?中国の環境が卓球を上手くさせるんだよ。彼は今後苦労するだろう。
日本で生まれてるから日本人でしょ?中国と何か関係あるの?
・東京五輪では俺たち中国がお前を負かす!
中国には天才卓球少年がいっぱいいる。もし中国だったら彼は日の目を見ないまま終わるな。
・卓球で生きるならやはり中国!他国ではスポンサー付けるのすら難しい。
・自分の夢のために祖国と民族を裏切るなんて意味あるの?
・こうやって人材が流出していくのか。
中国では代表入りはできないレベルかな。
・金メダル獲ってみろ。祖国に挑んでこい。

賛否両論といった感じでしょうか。

ですが、どちらかというとあまり気にしていないというか、中国は卓球世界一という自負があるので、張本智和選手が日本人であろうとも、それほど脅威ではないといった自信が伺えます。

中には「裏切者」や「恥知らずな一家」といった厳しい意見もあるようですが、大多数の中国人は悪い感情は特に抱いていないようです。

生まれが複雑なため日本でも何かといわれることが多いかもしれませんが、国籍だけにとらわれず世界で活躍して欲しいものですね。

ラケットのラバーと世界ランキング

「天才卓球少年」「神童」などと言われ、とどまることない活躍を見せている張本智和選手ですが、一体どんなラケットやラバーを使っているのか気になるところですよね。

やはり一流の選手は道具も一流なのでしょうか?

調べてみたところ、卓球用品を販売している株式会社タマスのHPに張本智和選手が使用しているラケットとラバーが掲載されていました。

ラケットは特注のアリレートカーボンラケットを使用しており、ラバーフォア面がテナジー05バック面がテナジー05FXというものを使用しているようです。

このラバーはどうやらとても良いものではあるようですが、卓球をやっている人の間ではド定番のもののようで、特別な製品というわけではないんだそうです。

ベーシックなラバーを使用しているのも関わらず強烈なドライブを放ったりバックの技術があるのはやはり張本智和選手の努力とセンスのなせる業なのでしょう。

そんな張本智和選手は2019年1月の世界ランキングでなんと3位にランクインしました。

15歳という年齢では最年少記録であり、また、全ての世界ランキングにおいて3位というのは日本人男子として史上初なのだそうです。

「1年半でここまでやってきた。1位も夢じゃないと思う」と実感を込めた。

「東京五輪で優勝候補と言われるために、1位を目指している」と強調する張本。

世界との差は確実に縮まっている。

3位でも十分凄いことではありますが、張本智和選手の目指すところは世界ランキング1位とのこと。

今年のアジアカップやワールドツアーにも期待がかかりますね。

そして2020年の東京オリンピックでは、最も期待できる選手です!

張本智和まとめ

今回は天才卓球少年の張本智和選手についてお伝えしました。

2018年は輝かしい成績で、2019年の初めに世界ランキング3位まで上り詰めた張本智和選手ですが、15歳ととても若く、これからが本当に楽しみな選手です。

東京オリンピックに向けて、今後の更なる躍進を願いたいですね!