石田えりの若い頃33歳写真集の評判は?RIZAPライザップ現在(今)でヌfードヘアー?前田日明と萩原健一との不倫は?元旦那との子供は?三國連太郎と恋仲も降板!

Pocket

 

石田えりさんといえば“釣りバカ日誌”が有名でしょうか。

最近ではとってもメリハリの効いたボディを披露してくれましたね~。

そんな石田えりさんの写真集の評価、RAIZAPでの効果があったボディや、番組降板の理由などアレコレ調べていきたいと思います。

スポンサーリンク

石田えりプロフィール(現在何歳?)

本名:内田恵理子
生年月日:1960年11月9日
出生地:熊本県八代市
身長:162㎝
血液型:A型
職業:女優
デビュー:1976年

2019年のお誕生日で59歳になられる石田えりさん。

とってもお綺麗でとても“アラ還”には見えないですね。

こんな素敵に年を重ねることが出来るなんて、本当に憧れてしまいます。

 

若い頃33歳写真集(罪と罰)の評価は?

2017年6月15日に「アウト×デラックス」に出演した女優の石田えりが、話題のライザップでダイエットに成功し、週刊現代でグラビアを披露し話題となり、その影響で若い頃の写真集にも注目が集まりました。

特に「33歳の頃に出版した写真集、ヘルムート・ニュートン撮影の「罪」に注目が集まったそうです。

現在石田えりさんは58歳ですので、33歳ですと今から25年前ということになります。

「石田えり 罪」の画像検索結果

どのような評価されていたのでしょうか。

  • ヘルムート・ニュートンの撮る女性は、細身のファッションモデルが中心だが、彼は石田えりのような日本的でふくよかな身体を撮らせてもうまい。
  • マツコデラックスもこの写真集が好きらしい。
  • いいモノはずっとずっと「いい」
  • えりさんのヌードきれいでした。
  • 圧倒的存在感です。芸術品としての価値がとても高い。
  • 淫靡(いんび)というわけでもなく、健康的というわけでもなく、露出好きなセレブなマダムのお遊びの一場面という感じです。

色んな意見があるようですが、まぁ総合的にみて、とても良い評価を得ているのではないでしょうか。

芸術性の高い写真集と言われて、石田えりさんとしてもとても満足のいく写真集だったのではないでしょうか。

 

RAIZAPライザップ現在(今)で変身?(ヌfードヘアー)

RAIZAPはいろいろな有名人が、ダイエットに挑戦し、怠惰な体から引き締まった体に変貌することを、メディで載せることで、ライザップはダイエットにとても効果があるということで知名度抜群となりましたね。

石田えりさんはどのような変身を成し遂げることが出来たのでしょうか?

RAIZAP挑戦前の石田えりさん↓

石田えりさんは54.3キロから49.3キロへと、4.9キロの減量の成果を発表しました。

3か月の挑戦で「体重を落とすことよりもメリハリボディが目標で、ウエスト15センチを縮めることが出来た」と喜んだそうです。

メリハリボディを手に入れながら4.9キロの減量に成功されたようです。

3ヶ月でウエスト15センチ縮めるなんて本当に凄いです!

絞られたボディがコチラ↓

「石田えり」の画像検索結果

全体的にほっそりしていて、ダイエットの効果がはっきりわかります。

メリハリボディを手に入れると笑顔が自然と出るのかも知れませんね。

そしてもう一つ

ヌf-ドヘアーとは一体何のことなのでしょうか?

ヌード?真ん中の“f”が気になりますね~。

アレコレ調べてみたのですが…イマイチ目立った情報はありませんでした。

ヌfードヘアーとはヌードの間違えであるワードではないかと思われます

みなさん、興奮のあまり間違えてしまったのかな?(笑)

どうなんでしょうね。

 

前田日明と萩原健一との不倫

石田えりさんほどの魅力のある女性ですから…男性関係などアレコレありますよね。

噂になっているのがプロレスラーの前田日明さんと俳優の萩原健一さんがとくに注目されているようです。

その前田日明さんと萩原健一さんについて見てみましょう。

前田日明との関係

元プロレスラーで実業家である前田日明さん。

前田日明さんと1996年頃、交際が噂されたようです。

プロレスラーなだけあって腕がパンパン!とっても強そうです。

石田えりさんとの不倫騒動では、前田日明さんは芸能記者に向かって「お前はエ◯ズ以下だ」と差別発言をする一悶着があったそうです。

また前田明さんは石田えりさんとの不倫でも分かる通り、すごい巨◯好みなんだそうです。

体の大きい前田日明さんと、162cmで豊満な女性の石田えりさんの、不倫といってもただの不倫ではなく、肉弾戦のようだったのかも知れませんね。

石田えりさんも前田日明さんのような、がっちりした方がタイプなのでしょうか。

 

萩原健一との関係

萩原健一さん倍賞美津子さん事実婚だった頃、石田えりさん浮気したことがあったらしいのです。

そのことで萩原健一さんが土下座して、倍賞美津子さんに許しを請おうとしたのですが、結局許してもらえず、破局を迎えてしまったのだとか。

石田えりさんと萩原健一さんは不倫をしたと言われていましたが、萩原健一さんと倍賞美津子さんは事実婚だったので、不倫ではなく浮気というのが正解でしょうね。

萩原健一さんが許しを請おうとするということは、紛れもなく浮気だったことには間違いないようです。

付き合っているのに浮気して、バレたら土下座は少し悲しい話ですね。

元旦那芳野藤丸との子供は?

石田えりさんは1985年に芳野藤丸さん結婚をします。

結婚生活は1985年~1990年のわずか5年のようです。

スポンサーリンク

石田えりさんは、芳野藤丸さんとの5年の結婚生活で、子供を授かることはなかったようです。

女性なら結婚して、子供を持って、誰から見ても幸せな家庭を築くという選択肢を考えており、当時の石田えりさんは、そういう普通の幸せな家族を見るだけで涙が出るので、嫌々目を背けていたと言います。

石田えりさんは「家庭を優先した方が幸せだ」と頭では “女としての幸せをとるべき” と思っていても、心が動かなかったそうです。

頭ではわかっていても心が動かないということは、誰にでもあって、石田えりさんの場合は、女としての幸せを取ろうと思っても、女優としての責任感があるでしょうから、そう簡単に家庭に入って、穏やかな毎日を過ごすことが出来なかったのですね。

結婚生活が5年で、石田えりさんの女優としての感が方があるので、石田えりさんは子供を産まなかったようです。

また、石田えりさんの年代くらいの女性ですと、“女としての幸せ”イコール“結婚子ども”だったかもしれませんが、現代では、イコールともならない時代のようです。

近年の女性芸能人のように、女優とし活躍しながら、子供を育てるという選択肢がある時代に、石田えりさんが結婚適齢期だったら良かったですね。

 

三國連太郎との恋話と降板!

石田えりさんは人気のシリーズ映画“釣りバカ日誌”にて、西田敏行さん演じるハマちゃんの奥さまを演じておられました。

しかし石田えりさんは、なぜか8作目で「釣りバカ日誌」シリーズから突如降板してしまいます。

2009年がファイナルで20作でした。

半分も出演していないことになります。

この降板した理由がアレコレ噂されているのです。

その原因として伝えられているのが三國連太郎さんです。

映画公開当時、すでに還暦を越えていた三國連太郎さんでしたが、かつて愛した魔性の女・太地喜和子さんの面影を、石田えりさんに見たようで、猛然とアプローチしたそうです。

釣りバカ日誌内でも、はまちゃんがよく嫉妬していたことを思い出してしまいます(笑)

しかし、石田えりさんはアッケラカンと無視

すると三國連太郎さんは、可愛さあまって憎さ百倍だったのか、制作サイドに圧力をかけて、石田えりさんを降ろしたといいます。

天下の三國連太郎さんがフラれたから、降板させるという大人げない行動を取っていたのですね。

少し人間が小さい感じがします。

しかし、これは、あくまでも噂であって事実かどうかは分かりません。

一応、石田えりさんご本人はこう仰っています

松竹からは1作出るだけで、1年間生活できるほど沢山のお金を頂いていたんです。

ですから、ずっと出演しようと思っていたのですが、第5作あたりから監督(栗山富夫)さんの演技に対する要求が非常に厳しくなって、ついて行けなくなってしまったんです。

いい作品だし、ギャラもいいし、出演者の方々ともいい関係だし、とても残念で心残りだったのですが、これ以上は無理だと思って、松竹に降板を申し出たわけなんです。

どちらが事実かは分かりませんが、三國連太郎さんの圧力だったら、三國連太郎さんを見損ないますね。

また、当時のお写真を見ても、とってもお綺麗です!!

三國連太郎さんが、かつて愛した太地喜和子さんの面影を見て言い寄るのもわかります。

それほどに石田えりさんが魅力的な女性だったことには間違いないでしょう。

しかし三國連太郎さんの公私混同は止めてほしかったですね。

 

ウルトラマン80の降板理由は?

1980年4月2日~1981年3月25日に放送された“ウルトラマン80”。

1年(50回)も放送された番組で、43回で突如降板した石田えりさんですが、一体何が合ったのでしょうか?

石田えりさんは、防衛チームUGMの、城野エミ隊員を演じていました。

しかし、第43話をもって、石田えりさんは、殉職するかたちで降板

最終話まで、あと7話というところで殉職。

その殉職に無理があったようで、話題になったようです。

当時、石田えりさんは、売り出し中の新人だったため、所属事務所が、別のスケジュールを入れてしまい、どうしても「ウルトラマン80」と、スケジュールの都合がつかず、降板を余儀なくされたということです。

売り出し中の新人ということもあり、事務所の方針には従うであろう立場なので、石田えりさんとしても仕方のないことですね。

石田えりさんには自分ではどうにもならない降板理由があって、とても辛かったでしょう。

 

石田えりのまとめ

今回は石田えりさんのアレコレ調べてみました。

  • 25年前の写真集の評価は高い
  • RAIZAPにて4.9キロの減量、ウエスト15㎝縮めることに成功
  • ヌf-ドヘアーはヌードの間違いだった
  • 芳野藤丸さんとの間に子供はいない
  • 釣りバカ日誌の降板監督の要求が厳しくなった為とういう建前
  • ウルトラマン80の降板理由スケジュールが合わなくなった

石田えりさんが若い頃に活躍した時代は、近年よりも不自由が多かったでしょうね。

結婚したら家庭に入って子供を育てるという、一つだけの価値観で、子供を育てながら芸能界で仕事をするという選択肢が少なかったようです。

または、セクハラまがいの先輩の言動や、パワハラまがいの監督からの叱咤などで、降板を余儀なくされるなど、この頃の女優さんは心身ともに大変だったようです。

しかし現在は、ライザップでダイエットすることで、その美貌を取り戻し、再び芸能界での存在を示そうとしているようです。

そんな石田えりさんを、これからも応援しご活躍を期待しています!

 

スポンサーリンク

女優, 芸能人

Posted by saifu